仮想通貨LTC、匿名機能を選択式で導入 ライトコイン財団が正式提案

LTCの正式MimbleWimble提案

ライトコイン財団は、プライバシー機能(匿名機能)とスケーラビリティを改善するためのプロトコル「ミンブルウィンブル」をオプトイン(利用者が自由に選ぶ形)で導入する計画を公式に提案した。

今回の提案によると、ミンブルウィンブルは「EBs」というエクステンション・ブロックスを介してオプトインの機能として導入される。EBsは、メインのブロックチェーンと共に稼働するため、LTCの通常ブロック生成時間と変わらない。

プライバシー機能と代替性の改善を目的に、LTCにミンブルウィンブルを導入するという。BTCなどパブリックブロックチェーン上に記録される取引は透明性が高く、情報が一般的に公開されていることで、利用者プライバシー面で一定のリスクが伴う。

特にライトコイン財団が懸念点としてあげるのは、トークンのファンジビリティだ。チェインナリシスなど、ブロックチェーンを解析し、不正利用されたトークンの追跡が容易になっている昨今の仮想通貨業界では、通貨の代替性にあたるファンジビリティが懸念にもなり得るとした。

透明性が高いブロックチェーンでは、悪用されたアドレスを通ったトークンの価値が相対的に下がり、ホワイト(潔白)が証明されたトークンとの価値が異なる「ファンジビリティを損なう」問題点が生まれる。

今回の提案は、このような問題を解決するためだと、財団は論じている。

ミンブルウィンブルを採用する仮想通貨として有名なのは、BEAMとGRINだ。以前も、LTC財団はBEAMの匿名機能を実装するとしていた。今回の発表で正式な提案になっている。

CoinPostの注目記事

ドイツ財務省、匿名仮想通貨の犯罪利用で警告 テロ資金調達ではステーブルコインを警戒か
独財務省は、完全匿名機能を有する仮想通貨が犯罪組織に悪用、追跡できない可能性が高いと結論付けた。擬似匿名通貨との住み分けも明確化し、調査を行なっているという。
韓国OKEx、財団の要請を受け「DashとZEC」の上場廃止再審査
仮想通貨取引所OKEx Koreaは、上場廃止予定だった5つの匿名性通貨のうち、DashとZECの上場廃止を保留した。財団側による「判断基準に不備がある」との指摘内容を受けた変更となる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら