ETH大型アップグレードの実装日 12月4日の週に決定

イスタンブール起動時期決定

イーサリアムの次期大型アップグレード「イスタンブール」のメインネットでの起動について、12月4日の週を目標にすることが分かった。

10月25日のコア開発者ミーティングで決定がなされ、その後開発者チャットルームで、ブロックチェーンプロトコルエンジニアのDanno Ferrin氏が、日付に従ってブロック番号を計算して提案した。現在、ブロック番号9,056,000におけるメインネットアクティブ化が予定されている。

また予期せぬ問題が発生した場合は、メインネット起動は一カ月延期され、1月8日を目標日とすることでも合意がなされた。もう一度新しいクライアントを作り、全員がそのクライアントをインストールする必要があるためであり、そのためには少なくとも4週間が必要だと見積もられたかたちだ。

前回の大型アップグレード「コンスタンティノープル」の際にも、起動48時間前に重大な脆弱性が発見されたたため、開発者達はアップグレードを一カ月遅らせたことがある。

チェーン分岐を防ぐ改善案導入

先月、テストネットワーク上で「イスタンブール」が起動する際は、予定よりも早く目標ブロックに到着したため、ノード更新が追いつかず、テストネット上でチェーンが一時的に二つに分岐してしまった。実行ブロック到達時に、ソフトウェアを最新バージョンに更新していないマイナーが残っていたことで、古いチェーンと新たなチェーンの二つに分裂が見られた。

こうした状況をメインネットで防ぐために、コア開発者は今回、EIP 2124と呼ばれる新しいコード変更を承認した。これは、ユーザーがイーサリアムネットワークで実行されているコンピューターサーバー(ノードとも呼ばれる)のソフトウェアバージョンを簡単に識別できるメカニズムを導入している。

EIP 2124は「識別子」とも呼ばれ、開発者Péter Szilágyi氏によると、「ごく小さな変更」なので他の要素との調整を必要とせずに、ソフトウェアクライアントによって展開できるという。

実装項目

今回の大型アップグレード「イスタンブール」においては、以下の六項目が実装される予定だ。

  • EIP-152: Blake2コンプレッションの追加とFプリコンパイルの起動
  • EIP-1108: alt_bn128プリコンパイルのガス代を削減
  • EIP-1344: ChainIDオペコードの追加
  • EIP-1884: トライ構造のサイズに基づいた命令コードの価格調整
  • EIP-2028: Calldataのガス代を削減
  • EIP-2200: SLOADのガス代変更に伴うSSTOREのガス代再調整

中でも賛否両論があるのはEIP 1884で、アプリ開発者向けのイーサリアムブロックチェーンについて、データをリコールする場合の計算コストを増大させる。同時に手数料の増加によって、DoS攻撃やスパム攻撃からイーサリアムネットワークを守る効果があるという。

CoinPostの注目記事

「イーサリアム 2.0」ステーキングでの承認者報酬 最大年利10%と試算
ETHセレニティのPoSプロトコルに必要な「バリデータ」報酬モデルが明らかになった。バリデータの登録及び管理を行う「Beacon Chain」の実装は2020年1月3日の予定となっている。
CFTC会長、2020年内に「仮想通貨イーサリアム先物」の誕生を予測
米国商品先物取引委員会のHeath Tarbert会長は、米国で開催中のイベントにて、仮想通貨イーサリアム(ETH)の先物商品が半年〜1年以内に取引されるようになると予想した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら