仮想通貨取引所Bitfinex ビットコイン出金でネイティブSegWitを追加

Bitfinex ビットコインSegWitの出金

大手取引所Bitfinexはビットコイン(BTC)の出金機能で、アドレスエンコードBech32のフォーマットである「ネイティブSegWit」の追加を発表した。従来の「Wrapped SegWit」のアドレスより改善したフォーマットとして、出金時のクロスチェーンによる混同で異なるアドレスへの誤った引き出しを防ぐほか、出金にかかる手数料などを抑える目的。

SegWitは、ビットコインをより安く迅速に送金する機能で、大手取引所の採用が進んだことで、ネットワークにおける利用率は全BTC送金の5割に上る。

バイナンスのCZ氏も、年内のSegWitに対応する予定を示している。

関連BTC開発者がバイナンスCEOに要請「SegWitの実装と引き換えにバイナンス宣伝」


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

著者

Steven Zheng

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら