ビットコイン半減期に新たな注目材料か 大規模BTCカンファレンスが20年3月に開催

ビットコイン2020カンファレンス

来年の半減期に向けて、「ビットコイン2020」という大型カンファレンスは3月に米サンフランシスコにて開催する。開催日は3月27〜28日の二日間だ。

多くの著名人や参加者が集う注目カンファレンスだけに、半減期の時期への注目ポイントの一つになるのではないか。

このビットコインカンファレンスはビットコインコミュニティの集会で、2019年にも開催された。当時のテーマは「なぜビットコインの技術が重要なのか」。

2020年のイベントでは、ビットコインの著名インフルエンサーやデベロッパーらが招待され、スピーチを行う予定だという。

ビットコイン半減期カウントダウンサイト の測定によると、半減期は5月中旬に発生する見込み。すでに200日を切っている状況にある。今回の半減期で採掘の報酬は現在の12.5BTCから6.25BTCへと減少する。

「ビットコイン2020」は半減期に先立って行われるため、半減期後のビットコインエコシステムなども討論の話題になると予想されている。

CoinPostの注目記事

仮想通貨研究者、ビットコインの入手困難性から「半減期」後の価格モデルを掲示
仮想通貨研究者のPlanB氏が、ビットコイン市場の価格モデルを掲示。2020年3月頃に控えるBTCの半減期後、BTCの市場価値は約108兆円に達するだろうとの結論に至った根拠とは。
「次回BTC半減期は価格上昇に繋がらない可能性」最大手マイニング企業CEOが読む仮想通貨業界今後の推移
中国のマイニング大手ビットメインの共同設立者兼CEOであるJihan Wu氏が、2020年と予想されている次回のBTCの半減期が強気市場につながらない可能性を指摘。業界の推移から投資の注目ポイントを語った。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら