VeChainが新たに飲食品向け追跡システムを発表=仏マクロン大統領と習主席が試食

VeChainが新たに飲食品向け追跡システムを発表

仮想通貨プロジェクトVeChain(VET)は、新たに食品、飲料産業向けのブロックチェーンを利用した追跡システムを明らかにした。

中国で開催中の国際輸入博覧会(CIIE2019)にて発表した。

公式ブログによると、「Foodgates」と名付けられたシステムは、第三者認証機関のDNG GLと国際的な物流などを手掛けるASI Groupとの協力によって開発が行われた。

VeChainのパブリックブロックチェーンを利用する「Foodgates」によって、食品の生産現場から流通過程まで、国境を越えて追跡を行うことができる

同プロジェクトが発表された中国国際輸入博覧会(CIIE2019)は習近平中国国家主席が開催を発表した博覧会で、国際的な経済的協力関係の強化、貿易の活発化などを促進することを目的とする。

今回は2回目の開催となり、11月5日~10日まで開催されており、第一回時には、日本からも多数の企業が参加している。

今回のCIIE2019ではフランスのエマニュエル・マクロン大統領が出席し、習近平主席とともに本追跡システム「Foodgates」が利用されたフランス産の食材を試食した。

サプライチェーンへのブロックチェーン応用に期待

食品に留まらず、ブロックチェーン技術の製品の追跡システムへの応用は盛んに行われている。

製品のカテゴリーにおける複数の業者がブロックチェーンを利用し、流通に不透明な部分も大きい国際的な製品の流通経路をより正確に管理することができるようになる。

また、コストを抑えて流通経路を管理できるほか、産地偽装や偽ブランド品の対策としても有効だと見られている。

参考:VeChain.blog

CoinPostの注目記事

米最大手電話会社AT&Tがブロックチェーン・ソリューションを発表、サプライチェーンや医療向けに業務プロセス最適化を図る
AT&TがIBMおよびMicrosoftの2社のテクノロジーとそれぞれ連携して機能するブロックチェーン・ソリューションを発表した。具体的な連携テクノロジーにIBM Blockchain PlatformとMicrosoft Azureが、産業分野に医療/小売/医療が挙げられている。AT&Tはソリューション提供により、複雑な業務プロセスの自動化/電子化/情報管理と追跡と、それらによるリソース削減効果をユーザー企業にもたらしたいとする。
「概念実証の段階は終わった」VeChain共同設立者らがブロックチェーン主流化のビジョン語る
VeChainのCEOやデロイトのブロックチェーン部門CTOらが、中国上海のブロックチェーンイベントへ登壇。ブロックチェーンは既にビジネスで実装段階にあるとした上で、大衆普及に必要な要素を語った。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら