仮想通貨NEMの「カタパルト」 メインネットの予定日程を正式公開

「カタパルト」 ローンチ予定日決定

仮想通貨NEM(XEM)に関連した新たなブロックチェーン「Catapult」のメインネットローンチ予定日が決定した。ネムの「マイグレーション委員会」が15日に発表した。

新チェーンCatapult(カタパルト)のテストネットローンチは11月27日、メインネットは2020年2〜3月の間と設定された。

最新の公式ブログ情報では、新通貨CATトークン(仮)に係る取引所上場には触れず、今後の実行案件・予定日の掲載を行なった。

出典:forum.nem.io

主な予定日は以下のようになる。

      
  • 2019/11/27 テストネット稼働
  • 2019/12/12 カタパルト対応ウォレット準備完了
  • 2020/01/03 ブランディングのガイドライン等
  • 2020/2月〜3月 メインネット稼働
  • 2020年3月 ローンチ後、今後の計画の再評価・再整備

ブログでは、「カタパルトのローンチは2020年Q1に予定、随時最新の進捗状況をお伝えする」と回答した。

「マイグレーション委員会」では、これまで様々なコミュニティフィードバックをもとに討論を行い、その結果として新チェーンおよび新通貨(仮:CATトークン)カタパルトのローンチスケジュールを決定したという。

当該ローンチに関して、マイグレーション委員会は今後の意思の決定プロセスを以下のように明示している。

  • マイグレーション委員会は当初、技術的オプション、NEMのトークン経済、ブランディング等を発案し、コミュニティ共有
  • コミュニティからのフィードバックをインプットし審議
  • 複数のNEM関連コミュニティ・事業体と共同で議題の解決策を決定
  • マイグレーション・トークン経済・ブランディングをカバーする総括提案がコミュニティに共有し可決
  • 仮に否決された場合、再整備する。カタパルトローンチには影響があるため、それを回避するために慎重に検討する必要

参考:カタパルトマイグレーション委員会

CoinPostの注目記事

コインチェック和田氏、仮想通貨ネムのカタパルト対応で前向きな言及
コインチェック株式会社で副社長執行役員を務める和田晃一良氏は7日、仮想通貨NEMのCatapult移行について、取引所としてユーザーの不利益にならないよう、対応を検討していると言及した。
ネム財団理事長、顧客目線の「カタパルト」ブランド構築で決意表明
仮想通貨XEMの展開で注目される「カタパルトプロジェクト」。NEM財団理事長がパートナーとのビジネス商談を進めていた事や、カタパルト自体のブランドも顧客目線で考えていく意向を示した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら