金融大手フィデリティ NYの仮想通貨取引・カストディ許可取得

FDAがNY上陸

金融最大手の米フィデリティが持つ仮想通貨関連サービス子会社「Fidelity Digital Asset(FDA)」はNY金融当局(NYDFS)から、「信託ライセンス」を取得した。これにより、ニューヨーク州でも、仮想通貨のカストディおよび取引サービスを提供することが可能になった。

公式発表によると、該当ライセンスを取得したFDAは個人投資家・機関投資家向けにビットコイン(BTC)のカストディ・売買を行うことができる。

ライセンスの取得を受け、FDAの責任者は自社の仮想通貨関連サービスについて「カストディと取引サービスは機関投資家がデジタル資産を採用するにとって不可欠なステップだ」とコメントした。

先月、FDAはカストディおよび取引サービスをすべての適格投資家(個人・機関投資家含む)に向けて開放した。本来、機関投資家のみに特化したサービスで、今年よりビットコイン(BTC)のカストディと取引デスクを一部のクライアントに提供していた。

参考:FDA発表

CoinPostの注目記事

金融大手フィデリティ 仮想通貨関連サービスを全適格投資家へ提供
米フィデリティが持つ仮想通貨関連サービス子会社「Fidelity Digital Asset」は仮想通貨カストディおよび取引サービスを正式に、すべての適格投資家に向けて提供し始める。
米フィデリティ、仮想通貨サービスの提供先で細心の注意 機関投資家に注力する意向示す
米Fidelityの個人投資部門の責任者が個人投資家への仮想通貨の提供には慎重であると発言した。今後も機関投資家向けのサービスに注力していく意向を示した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら