仮想通貨XRP、マレーシア有数の合法取引所に上場予定

XRPがLunoに

マレーシア有数の合法的仮想通貨取引所Luno Malaysiaは、XRPの上場を予定する。同社GMが地元メディアに伝えたことによると、今月末〜来年初めに上場する計画だという。

報道によると、XRPの上場は同国の証券委員会に承認された。同GMはRippleの送金ソリューションに着目し、上場に動いたと説明。

Luno Malaysiaはマレーシアにある3つの合法的な取引所の1つで、現在BTCとETHを取り扱っている。

正規ライセンスを取得しマレーシアでサービスを再開したLunoはシンガポールでのサービス再発足にも着手している。

10月に、Binanceのシンガポール販売所もXRPの上場を行い、シンガポールドル建てのペアXRP/SGDを提供している。

参考:地元報道

CoinPostの注目記事

シンガポール版バイナンスにXRPが新規上場 SGD建て取引が可能に
Binanceのシンガポール版の販売所「バイナンス・シンガポール」は9日、正式にXRPを上場させた。取引ペアはシンガポールドル建てのXRP/SGDとなる。
仮想通貨XRP利用のODL「日本円対応は来年Q1を計画」=豪Flash FX責任者
仮想通貨XRPを利用するRippleの送金ソリューションODLが来年Q1(1〜3月)に、日本円ルートに拡大する可能性が浮上。オーストラリア決済企業Flash FXの責任者が明かした。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します