底割れ懸念のビットコイン(BTC)、トレンド転換点「Bullish SFP」を示唆する声も|仮想通貨市況

仮想通貨市況

12日の仮想通貨ビットコイン(BTC)は、前日比1.68%安の77.4万円と続落した。

4時間足、日足更新の重なる9時までに反発を見せていたが、79万円(7290ドル)で売り浴びせに遭うようにして大幅反落、一時77万円(7080ドル)まで下落した。 「噴けば売り」が市場のコンセンサスと化しつつあり、日足軸で短期では直近高値の7800ドル、中期では7月以降の最重要ライン9100〜9300ドルを明確に超えない限り、軟調な相場が続きそうだ。

一方、TxWestCapitalのThe Wolf Of All Streets(Scott Melker)氏は、再び買いポジションをとったと言及。日足チャートで、トレンド転換の起点となり得る「Bullish SFP(Swing Failure Pattern)」を示唆した。

SFPの性質については今年8月、estetika420氏が、株・先物・FXのトレーダーと投資家のためのソーシャルネットワーク「TradingView」の投稿で解説している。

参考:【BTC短期分析】海外トレーダーの予想で見る”SFP(Swing Failure Pattern)”とは

TradingView

世界有数の仮想通貨デリバティブ取引所、Deribit BTCにおける未決済建玉(OI)の積まれ方にも注意したい。

Trade Blotterに好反響

仮想通貨取引所TaoTaoは、取引情報の準リアルタイムレポートサービス”Trade Blotter”(トレードブロッター)をリリースした。トレーダー需要に応える形で、より利便性の高い、投資判断に役立つサービスを提供したものと思われる。

Trade Blotterでは、他のトレーダーが抱えるポジションの含み損益を踏まえた市場予測に役立つ「未決済建玉(OI)」情報のほか、他投資家の指値情報(板の気配値)や歩み値情報が、一般投資家に開示される。

気配値とは、各価格に対して注文が入っている数量が表示されるもので、歩み値とは、投資家の約定履歴で何時何分何秒にどれくらいの枚数約定したのかが可視化されたものだ。

いずれも大口のポジション動向を察知しやすくなるため、外国為替証拠金取引(FX)市場や株式市場でも、デイトレーダーやスキャルパーといった短期筋を中心に重宝されている。

出典:TaoTao Trade Blotter

また、仮想通貨TAOTAOの荒川社長は11日、noteにて2019年11月の実績報告を行い、現物取引額約1.4億円に対し、レバレッジ(証拠金)取引が約880億円と開業以来最大だった10月の約580億円を上回ることができたと言及。

規制続きで仮想通貨市場低調が長引き、利用者から厳しい目が向けられやすい状況にあるなか、顧客第一主義を掲げてオンライン証券事業でNo.1の座を不動のものにしたSBI証券同様、ユーザー本位の運営体制を支持基盤拡大に繋げていけるか注目される。

CoinPostの関連記事

ビットコインなど仮想通貨市場に大きな影響を及ぼす「半減期」とは、過去の事例から独自考察
仮想通貨市場に大きな影響を及ぼすビットコイン(BTC)などの半減期が、相場に意外な影響を与えることも明らかに。ライトコイン半減期など、過去の値動きから可能性とリスクについて詳しく解説。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用