CoinPostで今最も読まれています

bitbankアナリスト、海外mediumで直近数ヶ月の仮想通貨市況レポート公開

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

bitbank仮想通貨市況

国内大手仮想通貨取引所bitbankを運営するビットバンク株式会社のマーケットアナリストである長谷川氏が海外のmediumにて、国内仮想通貨市場で証拠金取引が歴史的高水準に達した点について分析を行った。

  • 仮想通貨MONAの月間出来高3位→5位転落
  • 年間を通じて増加傾向にある現物取引のアクティブアカウント数はアクティブなトレーダー数増加には直結していない可能性がある
  • 証拠金(レバレッジ)取引の建玉数は、10月に過去最高を記録

今年6月、国内最大手コインチェックへの新規上場を機に最大223.64%急騰したモナコインだったが、現在にかけて月間出来高は66.45%低下した。

出典:bitbank medium

上昇トレンドが終焉を迎えた今年6月末以降、市場全体に停滞感が漂うが、現物取引のアクティブアカウント数は年間を通じて右肩上がりだ。 しかし、これは必ずしも新規による資金流入を示すものではなく、JVCEAのレポートにあるアクティブアカウント数は、大半の仮想通貨の出来高が減少傾向にあるなか、実態を反映しきれていない。

出典:bitbank medium

一方で長谷川氏は、「出来高減少は、個人投資家の関心低下を必ずしも意味するものではなく、低迷する市場環境下において、一定割合でアカウント数が継続的に増加していることは注目に値する。」との考えを示した。

証拠金取引が増加傾向に

現物取引高の低迷をよそに、証拠金取引量は10月に過去最高を記録するなど増加の一途を辿った。

JVCEAの国内証拠金取引データによれば、建玉数ショートポジション(売り建て)の未決済建玉(OI)はほぼ横ばいであるが、ロングポジション(買い建て)数は、むしろ下落相場で急増している。個人投資家の性質上、金融商品の売却よりも購入に傾倒しがちなのはある意味自然だと言える。今年10月の顕著で、中国の習近平国家主席によるブロックチェーン産業促進宣言の影響を色濃く反映したものだと考えられる。

10月24日、習近平国家主席は中共中央政治局会議にて「ブロックチェーンを国家戦略として取り込むべき」だと言及。一時ビットコイン(BTC)が急騰するなど仮想通貨市場への波及も思惑を加速させたが、中国政府の仮想通貨業界関係者への取り締まり圧力強化に伴い、期待分が剥離している。

関連:Japan Crypto Snapshot — Historic High of Open Interests for Margin Trading —

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/05 火曜日
19:46
「事業者向けのNFT活用法とは?」web3メディア経営者2名が動画解説|WebX STUDIO
動画コンテンツ紹介 新たにリブランディングした「WebX STUDIO(旧:CONNECTV)」。 「WebX STUDIO」第三弾では、CoinPost代表の各務貴仁と、あた…
18:25
ブラックロックらビットコインETF申請書の修正版提出
ブラックロックとビットワイズが暗号資産(仮想通貨)ビットコインの現物ETFの修正申請をSECに提出。SECの一斉承認に向けた準備と憶測が広がる。新しい監視・マネーロンダリング防止措置など、類似点の指摘も。
16:27
イーサリアムベースのDigiFT、RWA市場展開に向けシンガポールでライセンス取得
イーサリアムブロックチェーン上で展開するDigiFTがシンガポールでCMSライセンスを取得。デジタル証券とRWAトークン化により、革新的かつ安全な金融サービスの提供を目指す。ブロックチェーンと金融の融合が深化する。
13:58
「証拠不十分で仮想通貨企業を提訴した疑い」米連邦判事、SECに理由開示命令を下す
米連邦地方裁判所のロバート・シェルビー判事は、米証券取引委員会に対し仮想通貨企業DEBT Boxの資産凍結について、誤解を招きかねない不十分な証拠提示で提訴に踏み切ったと指摘。理由を説明するよう命じた。
12:15
ブラジル最大手銀行イタウ、ビットコインなど仮想通貨取引サービス開始
ブラジル最大手銀行イタウ・ウニバンコは仮想通貨の取引サービスを開始した。まずビットコインとイーサリアムを取り扱うとしている。
11:59
仏ソシエテ銀、イーサリアム上でデジタル証券を発行 ESG戦略の透明性を強化
ソシエテ・ジェネラルがイーサリアムブロックチェーンでセキュリティトークンを発行。ESGへの取り組みと透明性の向上を目指し、カーボンフットプリント情報を含むデジタルグリーンボンドを活用する。
10:45
「ビットコインは米国の利益を守る最善の手段」コインベースCEO
米仮想通貨取引所コインベースのCEOは、ビットコインなど仮想通貨が、インフレを背景に米ドルの代替手段として注目される可能性があると発言した。
10:20
Bybit、仮想通貨投資に関するレポート公開
Bybitは、投資に関するレポートを公開。このレポートでは、各種類の投資家が仮想通貨ビットコインやイーサリアムなどに、どのように資金を配分しているかを調べている。
08:30
仮想通貨ビットコインマイニング株大幅高、NYダウ反落
主要仮想通貨関連株はビットコインが42,000ドルに復帰したことを受け、5日に続伸した。一方、本日のNYダウは小幅反落しエヌビディアなど大型IT株も売られた。
07:30
「2024年まで20もの仮想通貨ETPを提供へ」カナダValour
カナダの仮想通貨ETP発行会社Valourは新たに2024年まで欧州で20もの仮想通貨ETP(上場取引型金融商品)を提供する目標を掲げた。機関投資家の資金流入が追い風になっている。
07:02
エルサルバドル、ビットコイン投資の含み益がプラスに
エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領は、同国の仮想通貨ビットコイン投資の利益がプラスに転じたと公表。公表時点で約5.3億円の利益が出ている。
06:30
コインベース、仮想通貨ポリゴンなどの先物も提供
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週末、ポリゴン(MATIC)とビットコインキャッシュ(BCH)のパーペチュアル先物取引を新たに提供する予定を発表した。COIN株価は5.5%高。
06:00
国際版バイナンス、銘柄新規上場
仮想通貨取引所大手バイナンスは新たなステーブルコイン「Anchored Coins EUR (AEUR)」新規上場を実施した。先月バイナンスに上場した「ORDI」は一ヶ月で約9倍も上昇した。
05:30
米Franklin TempletonのCEO、ビットコインやアルトコイン保有を明かす
米Franklin TempletonのCEOはFortune誌のインタビューで自身が仮想通貨ビットコイン(BTC)や一部のアルトコインを保有していると明かした。
12/04 月曜日
15:11
グレースケール、「GBTC」のビットコインETF転換についてブログで説明
米グレースケール・インベストメンツは公式ブログで、米国における現物ビットコインETFの承認は時間の問題であるとして、GBTCをビットコインETFとして、ニューヨーク証券取引所Arcaへ上場させることに注力していると強調した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア