国内外を繋げる橋渡しをしたい!AIreが目指すインキュベーションとは

ブロックチェーン業界交流イベントを開催

現在弊社ではインキュベーションを国内で作っていけたらと考えております。国内企業が海外に繋がれる場所、そして海外の企業が国内の企業または地域の方と繋がれる場所を提供していくことが目的です。

まずは、大手海外取引所の方をお招きして12月10日に国内外の第一回ブロックチェーン業界交流イベントを開催しました。

こういったイベントを通して、国内の方々と意見交換ができるクローズドな交流の場を開くところから始められたらと考えております。ターゲットは投資家、トレーダー向けのイベントになるでしょう。また、イベント後には投資家どうしのコミュニティが生まれたらと期待しています。

日常でクリプト決済が使われる社会の実現に向けて

弊社は9月より6ヶ国以上の国を訪れ、ブロックチェーン関連企業に数百社の方とお会いしてきました。国外に対しても評判の良い企業が日本にも活動拠点やコミュニティが作れるような仕組みを構築したいと考えております。

日本は金融後進国です。この点は海外の企業からも認識されていて、今後はその教育そしてボーダーレスに海外企業と気軽に繋がれる場所の創出が重要になってくるでしょう。

我々が信じている未来はクリプトでの決済が普段どこに行っても使われる社会の実現です。その道のりはまだまだ長いですが、まずは投資に関するきちんとした教育を推進して行かなければいけないと考えております。そして、こういった我々の貢献が、投資=怖いというような先入観から抜け出せるような教育の場の提供、あるいは話し合えるコミュニティの形成につなげていくことが大切です。

現在国内では少しづつですが、ようやくキャッシュレス決済を導入する企業が増え、多くの方々が利用し始めました。クレジットカードもそうですが、何も知らない人であればそういったサービスを利用することに躊躇するでしょう。周りの方々が利用する様子を見て初めて興味を持って調べるという行為に発展します。仮想通貨(暗号資産)もクレジットカードのように使える環境が整い、周りで使われ始めたら利用者数は必然的に増えるはずです。そのような未来が叶えられる第一ステップを、弊社が作っていけたらと切望しております。

日本プロジェクトとして国内外で活動する中で見えてきたものもシェア出来たらと思っていますので、ぜひご期待ください。

CoinPostの関連記事

日本発ブロックチェーンプロジェクトAIreと連動するトークン、ARCSがKuCoinにて上場発表 :対談インタビュー
海外大手取引所KuCoinにて日本ブロックチェーンプロジェクトAIreと連動するトークン、ARCSが上場を発表。上場後のKuCoin Vice Presidentジョニー氏とAIreプロジェクトを手がける水倉氏との対談インタビュー。
海外大手取引所KuCoinがグローバルマーケットでブランド力を確立した背景を語る
KuCoin社が大手海外取引所へ成長した背景や、取引所の生き残りをかけた戦いのなかで継続的に取引所の運営を行う秘訣を語っていただいた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用