CoinPostで今最も読まれています

【前編】Ripple社の戦略:パートナーと再建

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Ripple社公式が今後の戦略について発表
Ripple公式ページで国境越え決済に関する問題に取り掛かるための3つの戦略が提示されましたので紹介致します。
速さと確実さ、流動性、接続の標準化という3つの問題
戦略その1では、金融機関同士のリアルタイム決済情報伝達を可能にし、決済を即座に処理するxCurrentの速度と確実性を活かすことが挙げられています。

ビットコイン純正主義者がなんと説論しようと、金融機関は敵ではありません。

お金は強力なツールであり、ほとんどの場合は建設的な目的で使用されます。

しかし、有害な犯罪行為に使用されることもあります。

政府は犯罪による使用を防止し、建設的な開発を促進するために決済を取り締まっています。

金融機関は決済ビジネスを法律的に管理するシステムやチームを作りました。

彼らは決済ビジネスを管理する熟練者です。

Ripple社は金融機関なくして未来はないと考えています

Ripple社は初期の頃から決済インフラストラクチャーを再建するために金融機関と組む取り組みをしてきました。彼らはRipple社の顧客です。

「金融機関」は銀行だけを指しているわけではありません。

Ripple社の顧客には銀行および他に多種の決済プロバイダ(振替オペレーター、決済ネットワーク、モバイルウォレットなど)が含まれます

金融機関と組み、世界的決済インフラストラクチャーを迎合的に再建するにあたっていくつかの課題があります。

その一つとして、時間がかかります。

しかし、現在Ripple社が解決しようとしている問題ほど大きく、複雑、そしてインパクトフルなものとなると、時間をかける価値は十分にあります!

金融機関と組むことで国境越え決済に関する3つの根本原因問題に取り掛かることができます。

  • 速さと確実さ
  • 流動性管理
  • 接続の標準化

現在これらの問題に同時に取り掛かっています。

戦略その1:xCurrentの解決速度と確実性

現在、国境越え決済は遅く、不透明であり、そして信頼できません。

金融機関が決済の情報をお互いにうまく伝達できていないことが大きな原因です。

xCurrent(金融機関が決済処理インフラストラクチャーの核にインストールするソフトウェア)は金融機関同士のリアルタイム決済情報伝達を可能にし、決済を即座に処理します

xCurrentはXRPをソリューションに用いていません。

XRPがこの生態系にどのようにはまるのかを次に説明します。

Ripple社は2015年後半に初めてxCurrentを紹介し、2016年前半に企業化の準備ができたバージョンを実装しました。

xCurrentはRipple社の最も発達したプロダクトであり、銀行および決済プロバイダに最も採用されています。

Ripple社はxCurrentを本気で商業的に使用する顧客としか契約を結びません。イノベーション実験室での概念証明(proofs of concept)や科学実験に時間を浪費しません。

顧客はxCurrentを商業的に展開する前にたいていいつもソフトウェアを実際の資金(当たり前ですが!)を使ってテストします。

商業的展開とはつまりその機関がxCurrentを通してユーザーの決済を処理するということです。

xCurrentの実現プロセスは「飛行中にジェットエンジンを取り替える」ほど敏感(繊細)です。

なぜなら、xCurrentは金融機関の決済処理インフラストラクチャーの核と直接統合するからです。

金融機関と契約を結び、ソフトウェアをテストし、商業的展開を完成させ、最後に決済ボリュームを慎重および熟慮した方法で古いシステムからxCurrentに移行するまで数ヶ月かかります。

SBI Remitとサイアム商業銀行は2017年6月、Ripple-powered送金を開始しました

彼らのユーザーはより多くの決済をより高い頻度で送信しています。つまりサービスに満足しているということです!

現在までスカンジナビスカ・エンスキルダ・バンケン(スカンジナビアの銀行 – SEB)はxCurrentを通して10億ドル(約1100億円)近くの国境越え決済を処理してきました。

速度と信頼性のフィードバック(反応)は大変良く、SEBはRipple-powered決済をより多くのユーザーに提供し始めました。

1970年代以降、金融機関がインフラストラクチャーを変えていないことを考慮すると、現在の採用率および初期の採用の成功報告はとても喜ばしいことです。

後編はこちら↓

【後編】Ripple社の戦略:パートナーと再建
Ripple社公式が今後の戦略について発表 Ripple公式ページで国境越え決済に関する問題に取り掛かるた...

Much Ado, Much To Do – Part 2

Jan 23, 2018 | Team Ripple

参考記事はこちらから
リップルニュース一覧
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06:45
フェラーリ、米国に続き欧州でもビットコイン決済受付へ
イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」は7月末より、欧州で車の購入代金としてビットコインなどの仮想通貨銘柄の受け入れる。昨年10月に米国で初めて開始した支払いオプションだ。
06:25
取引所ビットスタンプ、マウントゴックス債権者へビットコイン支払い開始
ビットスタンプは25日に公式声明で、マウントゴックスの管財人から仮想通貨ビットコインとビットコインキャッシュを受け取り、25日木曜日からビットスタンプの顧客に資産の配布を開始すると伝えている。
05:50
ハリス米副大統領、「ビットコイン2024」に登壇しないことに
ハリス米副大統領は、25〜27日に米ナッシュビルで開催予定の大型カンファレンス「ビットコイン2024」に登壇しない結果となった。
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。
18:00
マウントゴックス、24日昼にも巨額ビットコインを送金
マウントゴックスが24日13時に巨額の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを送金。債権者への弁済の一環とみられ、クラーケンとビットスタンプでの手続きが進行中。
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア