CoinPostで今最も読まれています

金融庁「国内で仮想通貨ETF(上場投資信託)は販売できない」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

金融庁は27日、2020年の金商法改正を前に、今年9月に募集していた「金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針」に関するパブリックコメントに対して回答を行なった。

改正案では「今後、暗号資産(仮想通貨)等を投資対象とする金融商品が組成されることも予想される」と言及しており、米SECで審査・議論されている「ビットコインETF(上場投資信託)」も視野に検討したものと思われるが、今回、仮想通貨ETFの組成・販売について、「国内で組成・販売することはできなくなるものと考えられる」との見解を示した。

仮想通貨ETFに対する公式見解

金融庁は、パブリックコメントの『仮想通貨(暗号資産)ETFは、実質的に非特定資産と同等の性格を有する特定資産に該当するとの理解でよいか。』との質問に対し、以下のように回答した。

暗号資産ETFについては、ETF自体が投資信託等である場合、本監督指針改正を踏まえると、国内で組成・販売することはできなくなるものと考えられます。

また、海外で組成された暗号資産ETFに対して投資する投資信託等を組成・販売する場合についても、一般的には「実質的に非特定資産と同等の性格を有する特定資産」に該当すると考えられます。

同庁は、暗号資産への投資について「投機を助長している」との見解を示しており、仮想通貨(暗号資産)に対して、「特定資産のリスクに比べて価格変動や流動性等のリスクが高い非特定資産等」と位置付けている。

また、投資信託の投資対象は、国内外の株式のほか、為替や債券なども含まれるが、海外で組成された仮想通貨ETFに対して投資する投資信託等を販売する場合、一般的には「非特定資産と同等の性格を有する特定資産」と整理している。

非特定資産とは、公益法人の貸借対照表で用いられる固定資産の区分の一つで、預金や有価証券(株や債券)等の金融資産のみならず、土地や建物等が含まれるものを指すものだ。したがって、ここで言う”非特定資産と同等の性格”とは、金融商品取引法に適用される、ブロックチェーンを用いて有価証券をデジタル化したセキュリティトークンなどを踏まえた定義と考えられる。

なお、『暗号資産(仮想通貨)等を念頭においた改正なのであれば、非特定資産を「特定資産以外の資産」と定義するのではなく、「暗号資産(仮想通貨)等のように価格変動リスクが高く、流動性の低い特定資産以外の資産」といったような枠組みにより規定できるのではないか。』という問いに対しては、「今回の監督指針改正は、これまで行われてきた非特定資産を含む投資信託等のスキームの組成全般を一律規制する趣旨ではない」と弁明。

「実質的には非特定資産への投資を目的としているにもかかわらず、形式的には特定資産への投資が目的となっている投資信託等を適切でないもの」だと言及した。

今後機関投資家への販売が適切になる可能性も

さらに、「今後、暗号資産の取引レコードが蓄積され、またブロックチェーン技術の成熟によって、資産としての安全性が高まったと考えられる状況が生じた場合においては、機関投資家に対する暗号資産投信の組成・販売が適切となる可能性はあると考えられる」とした一方、「現時点においては、適格機関投資家についても、年金基金や地域金融機関等のように、一般国民の資金の運用を担っている面もあることを踏まえると、適格機関投資家私募・公募といった募集方法や投資家属性にかかわらず、投資家に過度な価格変動リスク等を負わせる可能性が高いと考えられる非特定資産等に投資する投資信託等、投資信託・投資法人制度としての信頼性を損ねかねない商品の組成や販売は適切ではないと考えられる。」と慎重な言い回しに終始した。

金融庁は、仮想通貨などの非特定資産への投資は、株や債券といった伝統金融資産への投資とは異なり、国民の長期・安定的な資産形成手段として適切でない資 産との認識を示し、”国民経済の健全な発展に資するもの”とは規定していない。

今回の回答で、現時点では機関投資家および適格投資家(プロ)であったとしても、金融庁としては許容できないというスタンスを明確にした格好だ。

過去数年間の仮想通貨業界における実情を踏まえた上、十分な利用者・投資者保護と監督責任を念頭にやや過剰とも言える規制を敷く金融庁であるが、将来的に、機関投資家に対する規制緩和については含みを持たせている。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア