マカフィー「BTC1億円予想」を撤回 2020年末の到達厳しいと判断か

「2020年末までにBTC100万ドル」予測は策略

サイバーセキュティのパイオニアであり億万長者のジョンマカフィー氏は6日、「ビットコインは2020年末までに100万ドル(約1億円)に到達する」とした自身の予想を撤回。6日に公開されたツイートで「新規ユーザーを乗せるための策略だった」と明かした。

2017年11月のツイートではこの価格予想について「間違っていたら自分のイチモツを食べる(直訳)」と尋常ではない自信を覗かせていたことで話題になっていたものだ。

当時、ビットコイン価格は過去最高値を更新していた仮想通貨バブル期の真っ只中であり、2020年に入った現在の相場状況を鑑みて、発言を撤回させた可能性もある。

関連マカフィー『ビットコインは決済処理No.1通貨、2020年には1億円相当の価値を持つ』

昨年のフォーブスによるインタビューでも需要に対する供給の不足からビットコインの価格は100万ドルを超えると述べていた。

ビットコインは2100万BTCしかない。その内700万BTCは(秘密鍵紛失などにより)もう永遠に使えず、もしサトシナカモトが亡くなっていたらさらに数百万BTCが消えることになる。

一方。6日に1BTC=100万ドルの発言を撤回したマカフィー氏は、この予測と体を張った賭けは新規ユーザーを乗せるための策略であったと発言。ビットコインは今となっては古い技術であり、新しいブロックチェーンではプライバシーやスマートコントラクト、dApps(分散型アプリ)の機能を持っていると続けた。

T型フォードの例(自動車の大量生産を達成したフォードのモデルTが改良を怠ったために陳腐化した)を比較事例に挙げ、「ビットコインは私たちの未来だろうか?(そうではないだろう)」とビットコインに対する今後に期待をしていない旨のツイートを行なった。

CoinPostの注目記事

マカフィー『ビットコインは決済処理No.1通貨、2020年には1億円相当の価値を持つ』
マカフィー氏は、2020年に予定されている半減期の影響も含め、2020年にはビットコインの価値は1億円相当になっていると予想。ビットコインこそエコシステムで”No.1仮想通貨”であると主張している。
分散型の仮想通貨取引所(DEX)が「未来」である理由|ジョンマカフィーら業界著名人の見解
仮想通貨取引所バイナンスなどが出資する、世界初の分散型銀行”Founders Bank”をマルタで設立する計画などが話題になる中、ジョンマカフィーら業界著名人が考える、分散型取引所(DEX)の必要性とは。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら