仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)の重要アップグレード、予定通り完了

イーサリアムとの相互運用性向上

仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)のハードフォーク「Agharta(アガルタ)」が完了、イーサリアム(ETH)ブロックチェーンとの相互運用性が高まることとなった。「ハードフォーク」によるコミュニティの分裂やテェーンの分岐(新通貨の誕生)は確認されていない。

昨年9月の大型アップグレード「Atlantis(アトランティス)」と同様、イーサリアムブロックチェーンとの相互運用性を高めることを目的としたもので、アトランティスではイーサリアムの「ビザンチウム」アップグレードに、今回のアガルタでは「コンスタンティノープル」アップグレードの内容に対応した。

今回のアップグレードに伴い、ETCノード運用のための各クライアントをアップグレードする必要がある。またクライアントの一つである「Geth Classic」はサポートを終了しアップグレードに対応しないため、他のクライアントを導入する必要がある。

The DAO事件

イーサリアムクラシックは2016年にイーサリアムがハードフォークして生まれた通貨で、The DAOと呼ばれるサービスがハッキングを受けた際に「ハッキングを受ける前のブロックからハードフォークしてハッキング自体をなかったことにする」派閥と「そのような行動は仮想通貨のポリシー(分散志向)に反するためそのままにする」派閥に分かれた。

その結果、ハッキングを無かったことにしたチェーンがイーサリアムとなり、そのままにしたチェーンがイーサリアムクラシックとなった。

しかし、最近ではコミュニティの要請によってイーサリアムとの協力が推進されている。

コア開発機構「ETC Core(前Ethereum Classic Labs)」の創設者James Wo氏とCEOのTerry Culver氏は、「ETCとETHの相互運用性の向上は、ETCのコミュニティとエコシステムの発展を加速する」としている。

Aghartaの次のハードフォークは「Aztlán」では、ETHのアップグレード「イスタンブール」に対応するという。

CoinPostの注目記事

仮想通貨ETCが20年1月に重要アップグレードを予定 ETHとの相互運用性向上へ
仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)の次回のハードフォークで、イーサリアム(ETH)との相互運用性がさらに向上することが分かった。本アップグレードは来年1月15日頃になる予定だ。
仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)の大型アップグレード、無事実装終了
イーサリアムクラシック(ETC)の公式SNSによると、大型アップグレードAtlantis(アトランティス)が無事に実装された。新たな通貨に分裂したことは確認されず。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用