SECのクリプトママ「米政府は中国のデジタル革新から学ぶべき」

米SECのへスター氏の見解

米証券取引委員会のコミッショナーを務める「クリプトママ」ことHester Peirce氏ははスイスで行われた「Crypto Finance Conference」に登壇、デジタルイノベーション分野における米中の政策を語った。

「他国がどのような施策を行っているのかを学び、その優れた部分を採用し、悪い部分は取り除く」ことが必要だと指摘。具体的に以下にように話した

中国では多くのイノベーションが起きている。ポテンシャルを認識している政府から私たちは学ぶべきものがあると考える。

中国はブロックチェーン分野において官民両方で世界をけん引している。デジタル法定通貨を発行する見込みが最も高い国のひとつで、そのデジタル人民元はすでに基本的な設計段階をクリアしているとの報道も出ている。

デジタル通貨の領域について、米連銀議長のPowell氏は昨年、デジタルドルの開発は行なっておらず、米ドルのキャッシュに対する需要が高いと説明した。

一方、今週では米CFTC(米商品先物取引委員会)の前会長ジャンカルロ氏(愛称クリプトパパ)はデジタルドルを促進するために、非営利団体「Digital Dollar Foundation」を設立した。

関連「デジタル人民元の基本設計が完了」 中国人民銀行が最新情報を発表

Peirce氏は「クリプトママ」の愛称でも知られており、SECの中でも仮想通貨やブロックチェーンといったイノベーションに対する柔軟な規制を求めてきた。「私たちは人々がトークンプロジェクトを実行し、ネットワークをローンチすることができるセーフハーバー的な枠組みを考えることができるよう望んでいる」と話した。

業界は、SECの仮想通貨ICOに対する取り締まり範囲が行き過ぎたため、業界の発展を妨げていると指摘。一部の大手業者はすでに「脱アメリカ」に 至っている。

参考:crypto finance conference

CoinPostの注目記事

米SEC初、仮想通貨IEOの販売・投資に警告
米SECは仮想通貨のIEO販売で投資家に対してリスクの警告を行なっている。IEOに対する警告はSECの初事例だ。
「投資家保護と技術革新を両立」米SEC長官、ブロックチェーンへの前向きな規制に自信
米証券取引委員会(SEC)の委員長を務めるJay Clayton氏は、ブロックチェーンに対して投資家を保護しつつ、イノベーションを促進するため、慎重かつ前向きな規制のアプローチを取ってきた、と議会で証言した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します