CoinPostで今最も読まれています

ブロックチェーンが2018年のビジネスを変える方法

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ブロックチェーン技術の可能性
デジタルとビジネスの世界において信頼できる貴重な力に変わりつつあり、その潜在的な技術力はほぼすべての業界で応用が可能である可能性を示しています。
ブロックチェーン革命
ブロックチェーン技術は革命的な技術であり、今後使われるのは時間の問題です。

ブロックチェーンの利用用途

既に大企業でも、既存のデジタルインフラを改善するためにこのテクノロジーの使用を検討し始めています。

ブロックチェーン技術とは複雑な機能を持つ技術で、情報を明確にし、あらゆる種類のデータ操作に目印をつけることですべての金融取引を透明かつ公に利用可能にすることを目指しています。

この技術は、Bitcoinを初めとする仮想通貨ブームのおかげで普及しました。

ブロックチェーンに関する最も興味深い点は、参加しているすべての当事者がお互いを同じように監視することができる点です。

システムのデフォルト設定上、Bitcoinのブロックチェーンは約10分間隔で更新されることにより、従来の手作業による取引認証と比較してすべての作業がより簡単に実行され、管理されます。

またBlockchain技術は、システム全体の中央管理者を必要としないことから取引手数料が削減され、プロセス全体のコストが他の取引方法よりも低くなるというメリットが挙げられます。

すべてのブロックチェーンは独自のインターフェースを有していて、一般にユーザーはこれらのウォレットアプリなどから、暗号化された仮想通貨を使用して商品やサービスの支払いを行うことが可能です。

複雑なシステム

最近では、取引メカニズムとしてブロックチェーン技術を使用したさまざまなアプリを目にすることが多くなりました。

ブロックチェーンとは本来、巨大な構造を持つ複雑なシステムであり、作成には、コーディング、数学やハッシングに秀でた開発者を必要とします。

また、ブロックチェーン技術の専門家への需要が急増しており、ブロックチェーン技術の研究開発に参入する企業が増えるにつれて、より多くの専門家やアナリストらが求められると考えられています。

ProAcademicWritersの Judith Robertsはインタビューにおいて以下のように答えています。

研究職から暗号通貨信者に転じた者として、この技術は大きな変革をもたらすと断言します。

多くの否定的な人間が仮想通貨市場とブロックチェーン技術のバブル崩壊を信じ込んでいますが、これらがもたらす多大なるメリットとその規模を今だ認識できていません。

少なくとも今後数年間は面白い展開を見せるでしょう。

イーサリアム

Bitcoinと双璧をなしているもう一つの重要なプラットフォームがEthereumです。

一般的に、Ethereumはブロックチェーンに基づく複雑なプラットフォーム系サービスと見なされます。

要するにこのシステムは、そのフレームワークを用いてその上に新しいアプリケーションを構築することが可能なのです。

Ethereumシステム全体は、Etherをマイニングするユーザーによって管理運営されます。

また仮想通貨は、これらのトランザクション料金を処理するためEthereum領域で実行される他のプロセスのために開発者によって使用され、分散され独立したアプリケーションでも使用されます。

では、今現在彼らが取り組んでいる特殊な”契約”とは何なのでしょう。

スマートコントラクトと呼ばれるこの電子契約は任意のトランザクション内のすべての残高を定義してチェックするものであり、この技術を用いることでブロックチェーンの上に新しい機能やアプリケーションを作成することを可能にします。

簡単に言えば、このシステムにおいてブロックチェーンは、Ethereumの適切かつ安全な実行を保証しています。

これらを踏まえた上で、ブロックチェーンがどのように今日のビジネスに応用可能なのか検証する必要があります。

ブロックチェーンがビジネスの世界を変える5つの方法

これまでの内容をみてもブロックチェーン技術の大きな可能性と、現行のビジネスモデルに浸透し中心的役割を果たしていくことは明白であり、これが現実のものとなるのはもはや時間の問題であるといえます。

ブロックチェーン技術に携わる人々や企業のうち、誰が覇権を握るのか、正確には分かりませんが、2018年にはすべての業界においてその地位が向上することが見込まれます

ここでは、今年のブロックチェーン技術の5つの主な成長方向性を挙げてみました。

1.財務

最も劇的で明白な変化が起こるのは金融分野です。

Blockchain技術は昨年の仮想通貨市場の台頭などのように、今年もさらに既存の金融業界に変化をもたらすことでしょう。

最近認知度を高めているデジタルウォレットはますます人気が高まり、間接金融による預金サービスは(エスクローと同様に)永遠に消えるかもしれません。

ではあなたのビジネスはどうか?

少なくとも、ビジネスは確実にこのトレンドからの恩恵を受けるでしょう。

為替取引や他の煩雑な手続きがなくなるとともに、クライアントとの取引を実行し完了するために大きな支出をする必要がなくなる上、あなたが地球上のどこからでも取引をを行うことができるようになります。

ブロックチェーン技術の主な利点は、従来の銀行と比較して低価格な手数料でよりシームレスかつバラエティに富んだ取引を可能とする点です。

2.知的財産

インターネットの誕生は情報とデータの共有を著しく早く、またより簡単なものにしました。

しかし、同時にその利便性の反面、オンライン上の盗難や窃盗被害など新たな犯罪も誕生したという経緯があります。

ブロックチェーン技術は、その高度に暗号化されたプラットフォームの特性を生かして、知的財産を保護するのに役立つと考えられていてサイバー空間でアイデアや創造物を保護する新たな方法として注目を集めています。

3.スマートコントラクト

これは、ブロックチェーン技術が提供する最も有用な機能の1つです。

スマートコントラクトは、契約を結んだ双方の契約内容が正しく実行されることを保証する機能で、特殊なコードを使用することにより双方がすべてのトランザクションを透過的に監視し管理できるという特徴を持ちます。

これによりブロックチェーン技術を使用すれば仲介者なしで直接、すべての取引を管理することができ、2018年はその可能性を証明する年となるでしょう。

4.暗号署名

ビジネス上のすべてのデジタル署名を取引時において合法的かつ効果的に使用できるようになります。

従来は書類を印刷して手書きで署名しなければならなかった公式文書においても、電子署名が認められることでファックスやメールの送信回数を激減させることが可能です。

また、文書はブロックチェーンのおかげでより扱いやすくなります。

暗号化されたシステムが介在するため、これまでの電子署名と比較しても今後のデジタル署名の信頼性セキュリティーの高さは別次元のものとなるでしょう。

5.クーポンとプロモーションコード

最後に、特にクーポンやその他のプロモーションコードなどを多く取り扱う人においては、ブロックチェーン技術を使用することでこれらのすべてを制御し管理することが容易になります。

ブロックチェーンは、その特殊構造ゆえにどのようなタイプのデータにおいても重複使用を防ぐことができます。

自身の管理するクーポンやプロモーションコードを追跡するだけで、知らぬ間に勝手に利用される不正を未然に防止することが可能となるでしょう。

結論

このように、ブロックチェーン技術とは決して仮想通貨だけのものではありません。

そしてまた、それらのブームが巻き起こしたバブル市場のリスクを有するものでもないです。

そして時を経るごとに、次第にこのブロックチェーン技術が予期せぬ分野で応用されているところを目にすることになるでしょう。

How Blockchains Can Change the Way We Do Business in 2018

January 27, 2018

参考記事はこちらから
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
14:00
Yuga Labsら、BAYC販売をめぐって訴訟に直面
BAYCなど人気NFTを提供するYuga Labsらが米国で集団訴訟に直面している。訴状は、被告が著名人を使ったプロモーションで不適切な宣伝・販売を行っていたと申し立てている。
12:00
DEA、ゲームギルドのYGG SEAと提携
DEAは8日、世界最大のDAO型ゲーミングギルド「Yield Guild Games(YGG)」のサブDAOである東南アジア拠点のYield Guild Games Southeast Asia(YGG SEA)との提携を発表。GameFiの市場拡大・普及を目的に協業し、マーケティング・プロモーションなどの活動を行う。
11:30
ETH「Shanghai」、イーサリアム売り圧への影響は?
ステーキングされたイーサリアムの出金開始時期の目安が定まり、市場参加者の間では市場価格への売却圧力になるかどうか関心が高まっている。ロックアップされた総量は1,560万ETH(約2.6兆円)だ。
10:44
The Block、CEOがアラメダからの過去の融資を隠蔽
仮想通貨メディアThe BlockがFTXグループから数十億円規模の融資を受けていたことが判明。前CEOは情報開示を行っていなかった責任を取って辞任した。
08:35
Discord、ソラナやBloxlink接続の可能性が浮上
DiscordのユーザーがソラナウォレットやBloxlinkを含む複数のサービスに接続しロールを得る機能が実装される可能性が浮上した。
07:45
ゲームストップ、仮想通貨事業に慎重姿勢
米ゲーム小売大手ゲームストップのCEOは、仮想通貨事業に慎重な姿勢を示した。一方で、長期的にはブロックチェーン技術の可能性を追求し続けると述べている。
07:12
10日朝|米PPI、予想超えも減速傾向
昨夜発表の11月の米生産者物価指数PPIは前月比で予想を若干超えた。FRBの利上げ継続を正当化する内容だが、来週のFOMCで0.5%の利上げ幅は織り込まれているとの指摘もある。
12/09 金曜日
17:43
米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
15:01
Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
12:50
FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 15:00
関東甲信越 神奈川県横浜市神奈川区松本町
重要指標
一覧
新着指標
一覧