仮想通貨取引所FCoinで新たな公式文書 出口詐欺の可能性指摘される中

FCoinの続報

破綻の可能性が報じられている海外の仮想通貨(暗号資産)取引所FCoinで、新たな公式文書が発表された。

当面、会社の委員会は創業者の張建とFCoinの方針について議論している。

内容が決まり次第、ユーザーコミュニティに報告する。

内容としては大きな進展は見られていないが、出口詐欺が指摘される中での公式文書の公開だけに、進展に一縷の兆しが見えた格好だ。

これまでのFCoinの経緯としては、創業者の張建が顧客資産の出金が長期になるとの報告書を公開。「取引所システム面での改善の見通しが厳しい状況に陥ったことで、7000から13000BTC相当の顧客資産が出金できない状況にある」と取引所の実状を明かした。

また、取引所の資産出金では、財政苦も理由に挙がるなど、取引所が実質的な破綻の状況に陥っていることが明らかになった。

一方で、FCoinの状況に翳りが見え始めたのは、Dovey Wanが取引所の出金履歴を公表したブロックチェーンデータだ。これまで、システム面の問題で出金が困難とされていた状況から、「出口詐欺(持ち逃げ)」の可能性も浮上した。

Dovey Wanの引用したデータによると、FCoinからの資金はOKExやHuobi、ZBやバイナンスといった大手取引所へと送金されていた。これらの送金履歴を受け、CZを含む多くの業界関係者は持ち逃げ詐欺となる「出口詐欺」ではないかと非難するコメントを掲載している。

現段階では、不透明な部分が多い。FCoin側の発表次第、CoinPostでは進捗を報道する予定だ。

参考:FCoin

CoinPostの注目記事

速報 FCoin、顧客資産持ち逃げの可能性か 仮想通貨ビットコインの出金履歴が確認
海外仮想通貨取引所FCoinから顧客資産の出金が長期になるとの報告が公開されてから1日、新たに「出口詐欺(持ち逃げ)」の可能性が浮上した。Dovey Wanが出口詐欺の可能性をデータを用いて指摘した。
海外仮想通貨取引所Fcoin、創業者が経営悪化を自白 顧客資産の返済目処は最大3年に
仮想通貨取引所FCoinの公式プレスリリース欄で、「FCoinの真実」という題目で、経営が悪化した運営状況に関して創業者の自白内容が公開された。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用