海外の小規模仮想通貨取引所「Trade Satoshi」、資金難により閉鎖

TradeSatoshi

小規模仮想通貨(暗号資産)取引所「トレードサトシ(Trade Satoshi)」は日本時間3月1日午前9時より、すべてのサービスを中止すると発表した。その前に出金を済ませるよう伝えている。

中止する理由は、経営上の問題で顧客へサービスの提供継続が不可能になってきているとしている。

2015年にローンチしたTradeSatoshiは出来高は比較的に低いが、200以上のアルトコインを取り扱っていることで、いわゆる草コイントレーダーの間ではある程度の知名度を博している。

最近経営難で閉鎖に辿った取引所は他にもあった。草コインで有名だったCryptoBridgeは昨年12月にサービスを終了した。また、同年10月にはCoinexchange.ioも閉鎖に至った。取引以外で様々なDeFiサービスなどを提供し始めた大手取引所が増える一方で、小規模で限定したサービスを提供する業者は経営難に陥っていく結末になるだろう。

CoinPostの注目記事

仮想通貨取引所FCoinで新たな公式文書 出口詐欺の可能性指摘される中
破綻の可能性が報じられている海外の仮想通貨(暗号資産)取引所FCoinで、新たな公式文書が発表された。
KuCoin、バイナンスに続き「仮想通貨取引所」発のクラウドサービスを展開
仮想通貨取引所KuCoinが、高度な取引システムのためのクラウドサービスを開始した。注文板の流動性やデリバティブ商品のノウハウについて、ホワイトラベル形式で提供する。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら