速報 LINEグループ、全世界に仮想通貨取引サービスを提供へ BITFRONTを米国で運営開始

BITFRONTを米国で運営開始

LINE株式会社は28日、LINE Token Economy構想を進めるLVC株式会社の子会社LVC USA Inc.を通じて、グローバル向け仮想通貨取引所「BITFRONT」の運営を開始することを発表した。

「LINE Token Economy」の拡大戦略の一環として事業を展開。米国にサービスを拡大し、新たに法定通貨建取引にも対応する。

今回の米国進出を受け、ライングループとして全世界に仮想通貨取引を提供する運びとなった。(米国の一部の州は除く)

LINEグループでは、日米を除くグローバル向け仮想通貨取引所「BITBOX」を運営してきたが、仮想通貨利用のハードル低減や、ブロックチェーンの活用促進を目的に、法定通貨にも対応した新たな取引所運営へとサービスを拡大する。「BITBOX」も、米国法人を運営主体とする「BITFRONT」に移⾏し、リローンチを行なった。

BITFRONTは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、テザー(USDT)のほか、LINEの独自仮想通貨「LINK」の通貨の取引を提供。基軸通貨としては、BTC、USDT、米ドルの3種類を採用する(通貨ペアは基軸通貨ごとに異なる)。

BITFRONTの運営開始を受け、LVC株式会社 代表取締役の⾼永受氏は以下のようにコメントしている。

BITFRONT のローンチはブロックチェーンを社会に広く浸透させるための⼤きな⼀歩です。最も信頼されるグローバル向け仮想通貨取引所として、ブロックチェーンや仮想通貨がユーザーの皆さまにとってより⾝近なものになるよう、引き続き尽⼒していきます。

なお、日本向けの仮想通貨取引所サービスの提供は、2019年9月に日本の交換業者ライセンスを取得して、「BITMAX」の運営を開始している。

LINKの独自仮想通貨「LINK」についても、日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が定める新規通貨取扱いプロセスに則り、20年4月に上場する予定を発表している。

LINKは、LINE Token Economy構想で利用が見込まれている仮想通貨。インターネットとSNSの普及によりコンテンツ生産者が増加する現代の中で、適切なユーザー還元の仕組みとしてLINEが構想する新プロジェクトで活用される。

CoinPostの注目記事

速報 LINEの独自仮想通貨「LINK」が日本で売買可能に
LINEで仮想通貨事業を展開するLVC株式会社は30日、LINEの独自仮想通貨「LINK」を日本の新規銘柄として取り扱うと発表した。
LINEの独自仮想通貨 日本取扱い発表から「価格3倍・出来高13倍」に
LINEの独自仮想通貨「LINK」の市場価格が、日本の取扱い(予定)の発表からすでに3倍水準まで高騰している。好調推移のビットコイン建でも2倍水準を上回っている状況だ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します