仮想通貨ビットコインのクジラ、新ツールで動向を追跡可能に

クジラを追跡する新ツール

仮想通貨(暗号資産)市場ではいわゆる大口投資家「クジラ」が存在することは、一般的に認知されている。ビットコイン投資家がクジラの動向をより容易に把握できるために、Bitcoin Wisdomはクジラの動きを追跡する新たな「アグリゲートヒートアップ 」ツールを公開した。

従来の取引所ヒートマップでは独自の注文板のみを表示するが、このアグリゲートヒートマップでは、BitMEX・Bitfinex・Coinbaseの米ドル建て注文板を集約している。

出典:Bitcoin Wisdom

具体的には、横の青い色のバーは流動性を示すもので、色が明るいほど、流動性が高くなるという。

また、右側にある緑と赤の線は買い指値と売り指値を示し、相場の推移によってそれぞれが実行されることが確認できる。

Decryptの取材に応じて、Bitcoin Wisdom側は「トレーダーはこれを利用することで、容易に流動性レベルと大口の移動を確認することができる。頻りにマーケットデプス(厚み)をモニターする必要はなくなる」とコメントした。

現時点では日本語に対応しておらず、チュートリアルもないため、一部機能の説明は行われていない。

CoinPostの注目記事

仮想通貨取引所TAOTAO、ビットコイン未決済建玉(OI)の通知サービスを開始
仮想通貨取引所TAOTAOは26日、国内投資家向けに未決済建玉(OI)の変動情報を配信開始することを発表した。未決済建玉30BTC前後の変動でアラートが通知される。
デコチャート開発者が語る、大型アップデートと今後のビジョン
仮想通貨業界の有志が共同開発する、最先端の仮想通貨トレーディングツール「DECOCHART」プロジェクト。開発者の「えーすプログラマー」氏に、主要アップデートと今後の構想について伺った。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら