グーグル、複数の大手仮想通貨ニュースアプリをアプリストアから削除

Playstoreが仮想通貨メディアアプリを削除

グーグルの「プレイストア」で、複数の主要仮想通貨(暗号資産)ニュースメディアのアプリが相次いで削除されていることが確認された。

アンドロイドのスマホで確認したところ、英語版だけでなく、日本語版にもリストから削除される事例が確認された。(3日6時時点)

コインテレグラフなどの発表によると、グーグル側からの事前通告はなく、突然アプリがプレイストアから削除されたという。

プレイストアが仮想通貨関連アプリを削除する事例は今回が初めてではない。

イーサリアムウォレットアプリMetaMaskやビットコインゲームがアプリストアから削除。当時は、「モバイルマイニングアプリを禁止するポリシー」に違反したとする、違反通告が行われていた。

その後、アプリは復元されているが、今回の事例がどのような理由によるものなのか、仮想通貨ニュースアプリの事例は初めてであるだけに、新たな情報のアップデートが待たれる状況だ。

また、Googleは以前にもYoutubeにアップロードされた仮想通貨関連の動画を一斉に削除したことがある。この動画削除についても、仮想通貨コミュニティからの猛反発を受け、一部の動画を復元する対応を行なっている。

CoinPostの注目記事

グーグルに削除されたBTC獲得のアプリゲーム、ストアに復活
ビットコインがもらえる人気パズルゲームアプリがグーグルプレイストア上から詐欺的行為を理由に削除されていたが、再びストアでアプリが入手可能な状態になった。
「半減期と仮想通貨ビットコインの高騰」なぜ一緒に語られる? ストック・フロー比率から算出する理論価格を用いて解説
ビットコインは2020年5月に半減期を控える。歴史的には半減期経過後、BTC価格が大幅な上昇を記録しているが、その要因となる「ストック・フロー比率(S2F)」を用いて、その関係性を解説する。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら