仮想通貨LTC、ミンブルウィンブル導入のテストネットは「夏の終わり」

ミンブルウィンブル実装の進捗状況

仮想通貨(暗号資産)ライトコイン(LTC)にミンブルウィンブルを導入したテストネットのローンチは、夏の終わりになる見通しであることが分かった。

ミンブルウィンブルは、プライバシー機能とスケーラビリティ改善のためのプロトコルである。今回の見通しは、ミンブルウィンブルを採用する仮想通貨Grinの開発者で、LTCに本機能を実装するDavid Burkett氏が明かした。

LTCにミンブルウィンブルを導入することをライトコイン財団が提案したのは昨年10月。その後12月には、LTCの開発者チャーリー・リー氏が、ユーチューブの仮想通貨トーク番組「Magical Crypto Friends」で、ミンブルウィンブルについて説明している。ユーザーからの質問にも答えた。

関連LTC開発者、ミンブルウィンブルについて語る

今回Burkett氏はローンチ時期の発表と同時に、作業完了の正確な日付を伝えることに対する不安を明かした。「ブロックチェーンのソフトウェアは難解で、開発に時間もかかり、予想が難しい。中途半端な締切を設けると、急いでしまって欠陥やセキュリティの脆弱性を生みかねない」と説明している。

テストネットではミンブルウィンブルの他に、ブロックと取引の認証に関するルール、マイニングや基本的なP2Pメッセージ機能なども実装される予定だ。Burkett氏は、テストネットのローンチには、ユーザーが利用を試せるGUI(Graphical User Interface)ウォレットは含まれていないことを強調している。

参考資料 : Litecointalk Forum

CoinPostの関連記事

コインチェック、大口OTCサービスに仮想通貨ビットコインキャッシュ、ライトコインを追加
コインチェックはOTC取引サービスにおいて、BTC、XRP、ETHに続き、BCHとLTCの取扱いを発表した。 1/29時点の最小ロットは、 BTC=10BTC ETH=400ETH XRP=250,000XRP で、条件を満たすと優遇レートが適用される。
仮想通貨にも採用「MimbleWimble」の匿名性に欠陥か、対応策も
プライバシー強化とスケーラビリティ改善機能で注目を集めるプロトコル「ミンブルウィンブル(MW)」の匿名性モデルに根本的な欠陥があると元グーグルのソフトウェアエンジニアが指摘。MWを実装した仮想通貨GRINのトランザクションアドレスを正確に発見して見せることで証明した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら