「仮想通貨ビットコインは通貨」仏商事裁判所が法的性質を定義

仏商事裁判所がBTCの法的性質を定義

フランスの商事裁判所が、仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)を「通貨」とみなす判決を下した。現地メディアLesEchosが報じた。

本裁判で争っていたのは、仏仮想通貨取引所Paymiumと投資企業BitSpread。Paymiumは2014年、1000BTCをBitSpreadに融資している。

ここで問題となったのは、2017年にBTCから分岐して生まれたビットコインキャッシュ(BCH)の所有権だ。この1000BCHの所有権はどちらに属するのかを争っていた。

判決を下すにあたり、裁判所はBTCを代替可能な資産と定義。BTCの貸出は消費者ローンと同じであると結論づけた。このことは、貸出期間中は資産の所有権は借り手に譲渡されることを意味する。つまりBCHの所有権も借り手のBitSpreadにあったということだ。

この判決は、分裂して生まれた銘柄の扱いも含め、仮想通貨の貸出契約の判例になる。BTCは通貨やそれに充当される金融商品と同じ扱いになるため、貸出のようなサービスにおいてBTCの利用が促進される可能性があるだろう。これは市場の流動性向上にもつながる。

仮想通貨は通貨なのか、また有価証券や商品にあたるのかという議論は各国・地域で行われている。日本でも仮想通貨は「代金の支払い等に使用でき、かつ法定通貨(日本円や米国ドル等)と相互に交換できる」と定義された。

参考:LesEchos

CoinPostの注目記事

独金融庁、仮想通貨を「金融商品」と正式認定
ドイツの金融規制当局(BaFin)は2日、ビットコインをはじめとする仮想通貨(暗号資産)を「金融商品」とみなす新たなガイドラインを公開した。
フランスが仮想通貨事業ライセンスを正式導入 仏金融市場庁が新規制発表
フランスの金融市場庁(AMF)は、デジタル資産サービスプロバイダー(DASP)のライセンスに関する新しい規則を発表。仮想通貨企業がフランスで法律に基づいたライセンスを申請が可能になった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します