CoinPostで今最も読まれています

リップル社CEO :仮想通貨を「通貨」として捉えていないと主張

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

All Markets Summit:仮想通貨 でのリップル社CEOによる発言
リップル社のCEOであるBrad Garlinghouse氏は、自社のXRPを始め、他の仮想通貨も通貨としては捉えていないと公表しました。
仮想通貨の価値
Brad Garlinghouse氏は、デジタル資産はビジネス面での課題を解決して初めて資産としての価値が認められるとする一方で、この記事では、その定義に対し、金及び、紙幣の本質的な価値を例にとって反論しています。

2月7日水曜日に行われたヤフーファイナンスのAll Markets Summit:仮想通貨にて、リップル社のCEOであるBrad Garlinghouse氏(以下、Garlinghouse氏)が、XRP、ビットコイン、イーサリアムを始め、他の仮想通貨も通貨としては捉えていないことを明らかにしました。

この6時間のイベントでは、CoinDeskがスポンサーとなり、オンラインで中継され、仮想通貨及び、その根本にある技術の高まる関心を理解することが目的とされていました。

このサミットでは、仮想通貨やブロックチェーン技術関連の幅広い範囲の企業が紹介され、デジタルウォレット企業のBlockchain、アフリカに焦点を当てている決済処理企業のBitPesa、銀行に対してのプライベートブロックチェーン先駆者であるChainなども紹介されました。

さらに、銀行をターゲットにしているもう一つのプロジェクトで忘れてはならないのはリップル社でしょう。

XRPトークンは、金融の中核を担う迅速な国際間決済を推進することを目的とし、2017年にそのXRPトークンの価格は32,000%以上もの上昇を見せました。

リップル社CEOGarlinghouse氏の仮想通貨の捉え方

Garlinghouse氏は、そのトークンや、その他の仮想通貨の名目に懐疑的なようです。

「私は、これを仮想通貨とは呼んでおらず、通貨でもないと考えています。スターバックスやアマゾンで使用することもできません。

そう言うと、私はビットコインで何かを購入したことがあると主張する人が出てきます。

そう聞かれると私は”ではそれ以降もビットコインで取引をした事がありますか?”と聞き返します。

つまり、これは通貨ではなく、デジタル資産なのです。もしその資産が実際の顧客が抱える課題を解決したとしたら、それは資産価値があるということになるのです。」

しかし、リップル社のCEOは、多くの人々が仮想通貨で何かを購入していたり、所謂通貨と呼ばれるものではない購入手段をトークンなどで代替しているのを見落としています。

さらに、例えば、イギリス現地のレストランでドルを使用することはできません。

ということは、ドルは通貨ではないのでしょうか?そんなことはありません、歴とした通貨に変わりはないのです。

世界共通の通貨

そもそも世界共通の通貨など存在しないのです。

しかし、もし国境を厭わない、世界共通の通貨が台頭してくるとしたら、その存在に1番近いのは一部の仮想通貨であると言えるでしょう。

中央集権のインフレを通して、ビットコインを排除する事が勧められていないからといって、通貨としての価値が下がる訳ではないのです。

Garlinghouse氏によると、デジタル資産はビジネス界での課題を解決して初めて資産としての価値が認められ、日常生活での通貨としての価値はないと捉えています。

しかし、$20紙幣もまた取引の仲介物として広く認められている事以外の価値はないのです。金に関しても、電子工学的な用途もあるものの、それは限定的であり、市場での価値はその実用的価値を遥かに上回っていると言えます。

このように、紙幣及び、金の価値は社会によって形成されており、その社会的な価値はビットコインのような資産にも付与できるはずなのです。

さらに、実際BTCは、分割可能であり、譲渡可能で、透明性を持ち、許可を必要としないため、資産の保全という意味では金よりも数段優れていると言えます。

しかし、Garlinghouse氏がどのような意見を持っていようと、”仮想通貨”という単語は使われ始めて9年の月日が経っており、それがすぐに変更されることになるとは考えられないでしょう。

CEO of Ripple, Brad Garlinghouse: Cryptocurrencies are Bad Currencies

Feb 10, 2018 by RICK D

参考記事はこちらから
リップルニュース一覧
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
BTC上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。
10:00
プーチン大統領、仮想通貨の必要性を語る
ロシアのプーチン大統領は、デジタル通貨と分散型台帳の技術を使用した、新たな国際決済ネットワークの必要性を呼びかけた。ロシアは仮想通貨などデジタル資産の環境整備を進めている。
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
13:00
米規制機関、Genesis Capitalを調査か
仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
10:30
米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。
09:45
Ardana Labs、カルダノのステーブルコイン開発停止へ
カルダノ(ADA)基盤のステーブルコインの一つを開発してきた「Ardana Labs」が、資金調達とプロジェクトのタイムラインの不確実性を理由にプロジェクト停止を発表した。
07:50
バイナンス、16通貨ペアを廃止へ
仮想通貨取引所バイナンスは16の通貨ペアの提供を廃止する予定だ。セラムやネムが含まれた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧