マイクロソフト、脳波や体熱による仮想通貨マイニングシステムの特許出願

MS:身体活動データで仮想通貨を採掘

米IT大手マイクロソフトが、人間の脳波や体熱などを使用して仮想通貨をマイニング(採掘)するシステムの特許申請を行なっている。

3月26日に公開された申請文書「身体活動データを使用した仮想通貨システム」によると、利用者の身体活動に関連するデータを利用して、新しい形式でPoWを実行する仮想通貨マイニングの方法である。

仮想通貨を採掘するための身体活動は簡単なものだという。

例えば、ユーザーが広告の閲覧を行ったり、インターネットサービスを使う時に、身体から放出される脳波や体熱をマイニング処理に使用する。

このプロセスを実行するために、サーバーは通信接続されたユーザーのデバイスに何かタスクを与える。すると特別なセンサーがユーザーの身体活動を受け取り、その身体活動データが設定された条件を満たすかどうかを、マイニングシステムが確認。最終的に、システムは身体活動データが実証された利用者に仮想通貨を付与するとの仕組みだ。

こうしたシステムは脳波や体熱など、身体活動から収集されたデータがPoWと見なされるため、従来の仮想通貨通貨システムで必要とされている「大規模な計算作業(ASIC等)」に取って代わると説明している。

なお、マイクロソフトはこの新システムが既存のブロックチェーンに依存するのか、それとも独自のフレームワークを開発するのか明らかにしていない。

参考:MS

CoinPostの注目記事

仮想通貨マイナー主導の大規模な売却はなし ビットコイン半減期へ保有選択か
TheTokenAnalystは、直近コロナショックによるビットコインの大暴落や、ハッシュレートの低下事例を踏まえても、多くの大手ビットコインマイナーは投げ売りを行わなかったと報告した。保有するBTCの資産量からデータを算出した。
ビットコイン市場の注目はこれからーBCH半減期は2週間後「仮想通貨市場に3つの注目点」
仮想通貨市場は25日、一時42万円台まで急落していたビットコインが75万円台まで回復。年初から好調な推移にあった主要アルトコインにも一部買い戻しの動きが見られた。今後注目すべき3つのポイントを解説する。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用