【速報】金融庁、仮想通貨交換業者に「オーケーコイン・ジャパン」を登録

2020年初の業登録

金融庁は30日、オーケーコイン・ジャパン株式会社を仮想通貨交換業者に認可(関東財務局長 第00020号)したことを発表した。

オーケーコイン・ジャパンは、アジアを中心に事業を展開するOK Groupの日本法人で、2017年9月に設立された。

優れた技術とソリューションの開発を通じて、利便性・信頼性・安定性に優れた魅力的な仮想通貨取引プラットフォームを提供することで、進歩的で・安全安心な社会の実現に貢献することをミッションに掲げている。

金融庁による仮想通貨取引所の業登録は、昨年12月24日にFXcoin株式会社が登録されて以来約3ヶ月ぶり。2020年以降は初となる。2019年は、コインチェック、楽天ウォレット、ディーカレットなど6社が認可された。

オーケーコイン・ジャパンの取り扱い銘柄は、以下の5種類となる。

  • BTC(ビットコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LTC(ライトコイン)

CoinPostの関連記事

今、人気のアルトコイン5銘柄はなに? 仮想通貨取引所クラーケンが調査
「ビットコインだけじゃない」仮想通貨取引所クラーケンがアルトコインに関する意識調査を実施。現在人気のアルトコイン銘柄と、その理由を報告した。
ビットコイン市場は重要局面 下落継続か、世界経済の動向がカギ|仮想通貨市況
仮想通貨市場でビットコインは、再び米ドル建取引で6000ドルを下回った。資産現金化需要の再燃リスクが依然高いことで、経済危機に伴う現金化の動きに弱いビットコイン市場は売りが先行した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用