IMF、経済への打撃に備える7つのステップ発表:新型コロナウイルス危機

IMFが銀行監督者向けガイドラインを発表

国際通貨基金(IMF)が、新型コロナウイルスのパンデミックが金融システムに与える打撃を軽減するための7つのステップを示した。

2008年の世界的な金融危機とは異なる種類の「新たな危機」である現在の経済激変の中で、「グローバル金融システムの信頼性と完全性」を維持するために、銀行監督者が参照すべきガイドラインとして公開された。

IMFは現状について概観し、「現代の経済がこれほど急速にシャットダウンしたことはかつてなかった」「銀行システムへの圧力が高まり、債務不履行の件数増加が差し迫っている。多くの人々は2008年の危機と同じ規模の金融部門へのダメージを予測している」と述べた。

そして、世界の銀行監督者に向け、幾つかの戦略を組み合わせて、景気後退を緩和するよう促し、以下の7つのステップを示した。

7つのステップ

(1)ルールを変更しないこと

危機の最中にルールを変更すると、さらに混乱が生じる可能性がある。また、新しいイニシアチブの施行を延期する体制を整える。銀行は、現行の運用を維持することに集中しなくてはいけない。

(2)バッファーを使用する

規制当局は銀行に向けて、資本と流動性のバッファー(クッション)を活用して、銀行運営に悪影響を与えることなく、継続的な融資を行うべきであることを明確に示す必要がある。

銀行はローンの返済漏れによる流動性や歳入における損失に対応するため、資本保全バッファーを構築してきた。

(3)ローンの変更を奨励する

一時的に大きな打撃を受けた借り手向けの融資に関するスケジュールを積極的に調整する。柔軟な信用リスク管理や減損会計基準についても銀行に通知する必要がある。

(4)損失を隠さない

透明性は、銀行、投資家、株主、納税者など、すべての利害関係者が状況に備えることに役立つ。

(5)支援措置の規制上の扱いを明確にする

信用保証、有給休暇、直接振替、補助金などを対象とする財政措置をどのように扱うべきかを事前に明確にして、透明性を向上させる。

(6)コミュニケーションを強化する

関係者がリモートで連絡を取り合う状況下で、規制当局と銀行の間の継続的な対話を奨励。業務の混乱を考えると、財務健全性の評価に関して重要性の高い報告案件を優先するべき。

(7)国際的な協調

銀行業務はグローバルビジネスであり、国際的に規制当局の間で、幅広く調整を行うことが不可欠。国際的な枠組みの完全性を維持することは、世界的な金融システムの信頼性と完全性にとって極めて重要。

経済損失の3分の2は間接的コスト

IMFは、ホームページで、新型コロナウイルスによる経済損失の3分の1程度が人命喪失、職場閉鎖、検疫などの直接的コストで、残り3分の2は、消費者心理の冷え込みや企業活動の収縮などによる間接的コストだと見積もっている。

2020年の世界経済成長率が昨年のレベルを下回るのは不可避であり、特に低所得国のための支援措置を用意していると説明した。

低所得国・新興市場国のために、約500億ドルの緊急融資を用意、このうち100億ドルは、ラピッド・クレジット・ファシリティ(RCF)を通じて、最も貧しい加盟国向けに無利子の融資として貸し出される。

また、適格加盟国を対象とした大災害抑制・救済基金(CCRT)も準備する。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します