ステラ財団が新型コロナで寄付キャンペーンを実施 仏ユニセフなど6団体が対象

個人からの寄付金に応じ財団も寄付

仮想通貨Stellar Lumens(XLM)のステラ財団はコロナウイルスの感染拡大を受け、非営利団体への寄付キャンペーンを新たに発表した。

対象となる団体にはユニセフのフランス支部のほか、匿名ブラウザのTorプロジェクトも含まれている。寄付キャンペーンを促進させる目的で、財団も自ら計10万XLMを各団体に寄付している。

本寄付キャンペーンはマッチングドネーションとなっており、ステラコミュニティの個人から寄付がされたXLMの額に応じて財団も寄付を上乗せして行う。

その比率は1:1で、100XLMを個人が寄付すると、財団も100XLMを寄付し、併せて200XLMが寄付されるキャンペーンを行う。(財団側の上限は190万XLM=日本円でおよそ860万円まで)

財団はコミュニティに対し、寄付活動への参加を以下の様に呼び掛けている。

これらの非営利団体に向け、ステラコミュニティの影響を広げ、深めるまたとない機会だ。彼らは私たちの新しい技術を使うことに乗り出してくれた。そして今度は私たちが彼らのために動く時だ。

TorプロジェクトのSarah Stevensonはこのキャンペーンに対し、Torプロジェクトに対する個人からの寄付の20%が仮想通貨による寄付であることをツイッター上で報告した。

6つの501(c)(3)団体が仮想通貨XMLでの寄付をを受け付けている。

  • UNICEF・フランス
  • ユニセフは190以上の国々で、子供の人権を守るべく活動している。

  • Torプロジェクト
  • インターネットを取り戻そうというメッセージを掲げ、匿名ブラウザの開発などを行っている。犯罪に悪用される個人の声が抑圧されている国や地域から、情報発信するためのツールとしての意義がある。

  • Heifer International
  • ヘイファーインターナショナルは飢餓と貧困をなくすことを目標としたアメリカの非営利団体。農業や畜産業に対し、持続可能な食糧循環の輪を広げる取り組みを行っている。

  • Watsi
  • Watsiは開発途上国の治療を必要としている人々に対し、直接、医療のための金銭的支援を行うことができるプラットフォームを提供している。

  • Freedom of the Press
  • ジャーナリズムを保護するための非営利組織。アメリカにおけるジャーナリストへの抑圧などの情報を発信している。

  • Women Who Code
  • 女性比率が低いと言われるテクノロジー業界で働く女性を支援する団体。日本にも支部が存在し、ハッカソンなどを開催している。

CoinPostの注目記事

リップル社、新型コロナ対策で寄付 2つの支援団体に計20万ドル
リップル社は新型コロナウイルスに対する資金的支援を発表。2つの支援団体に計20万ドルの寄付金を送る。
伊赤十字社、コロナ対策で仮想通貨の寄付受付 「ビットコインなど革新的技術こそ適している」
イタリア赤十字社が、コロナウイルス対策のため、仮想通貨で寄付を募っていることが分かった。関係者が目的や仮想通貨を利用するメリットを説明している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します