CoinPostで今最も読まれています

マイクロソフト:BCHのブロック容量拡張の様な方法は取引増加に対応不可

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マイクロソフトが提唱するスケーラビリティ問題の解決策
スケーラビリティ問題に対して、BCHのブロック容量などのオンチェーンでの拡張は、今後の取引増加に対応できないことを発表し、Layer2と呼ばれるような解決策が必要であると結論付けられました。
オンチェーンでの拡張の限界とライトニングネットワーク
記事内では、ブロック容量を増やすなどの、オンチェーンでの拡張方法は”非中央集権の特性を低下させる”ものだと説明されました。2018年に入ってからも、初めてのメインネット公開もされており、大きな発展を遂げており、2月13日時点でライトニングネットワークは2000ノードを超え、既にビットコインキャッシュネットワークのノード数を抜きました。

マイクロソフトは、ビットコインのスケーラビリティ問題に対して”Layer2” と呼ばれるような解決策が必要であると結論付け、その技術を”研究”しています。

マイクロソフト:オンチェーンでの拡張は需要を満たせない

2月14日に公開されたブログ記事で、マイクロソフトの身分証明部門でプログラム管理課長を務める Alex Simons氏(以下、Simons氏)は、スケーラビリティ問題に対して、主にライトニングネットワークのことを意味するLayer2ソリューションが、オンチェーンでの拡張よりも優れていると主張しました。

Simons氏は、下記のように記述しました。

一部のブロックチェーンコミュニティがオンチェーンでの取引容量を拡張(ブロック容量の拡張など)を試みましたが、この方法ではネットワークの非中央集権的特性の低下を招き、世界規模で1秒間に100万取引が行われた場合、対処できません。

さらに、彼は以下のように追記しました。

「この技術的な障害を乗り越えるために、私達は、パブリックブロックチェーンの上で機能し、世界規模のDID(Decentralized Identity、非中央集権的身分証明)システムとしての特性も持ち合わせる非中央集権のプロトコルを研究しています。」

この投稿では、マイクロソフトが将来的にビットコインを含め、どのパブリックブロックチェーンに着目していくかは記述されていません。

Twitter内容

マイクロソフトは、1年間の研究により、オンチェーンの拡張は適切な解決策ではないと結論付けました。

大手ソフトウェア会社であるマイクロソフトは、オンチェーンでの拡張方法を”非中央集権の特性を低下させる”ものだと説明しており、この見解は、ビットコインからハードフォークし、ブロック容量を拡張したビットコインキャッシュなどの仮想通貨への対立的意見であると考えられています。

フォークは、一部の古くからのビットコイン支持者からの批判を多く買い、コンピュータ・サイエンティストのNick Szabo氏は、昨年そのネットワークを”中央集権的な指人形”だと表現しました。

情報源からもLayer2のさらなる追求は未定とされています。

ライトニングネットワークがビットコインキャッシュのノード数を超える

Simons氏は以下のように語りました。

私達は、この大きな挑戦に取り組めることに対して非常に嬉しく思っているのと同時に、この取り組みを成功させるには協力が必要不可欠になってくるでしょう。

「私達は、同盟パートナー、Decentralized Identity Foundation (DIF)のメンバー、そして、マイクロソフトのエコシステムに存在するデザイナー、政策作成者、ビジネスパートナー、ハードウェア及び、ソフトウェア開発者からの支持、インプットを期待しています。 」

ライトニングネットワークは2018年に入ってからも、初めてのメインネット公開もされており、大きな発展を遂げています。さらに、2月13日時点でライトニングネットワークは2000ノードを超え、既にビットコインキャッシュネットワークのノード数を抜きました。

大きな期待が掛かるLayer2技術の取引手数料はセント単位で、即時にビットコインを取引できるようになるようです。

GOODBYE BITCOIN CASH? MICROSOFT: ON-CHAIN SCALING ‘DEGRADES DECENTRALIZATION’

Feb 13, 2018 by WILMA WOO

参考記事はこちらから

CoinPost考察

ビットコインの問題点の解決策として最も期待されているものの一つがライトニングネットワーク(Layer2)です。

このオーバーレイネットワーク(Layer2)は2015年『ビットコインのセキュリティを保ちつつ、取引ほぼ無料、即時認証を可能にする』として、Joseph Poon氏とTadge Dryja氏によって提案されました。

その後現在まで研究が続けられ、ビットコインでの実装が期待されています。

現在、手数料が高いため、ビットコインでの少額支払いは不向きと言われ、また決済に10分以上かかることから支払いとしての実用性は低いと言われてきました。

しかし、 Layer2の実装により、トランザクションがとても早く、1satoshi単位(0.0001円)といった、超少額支払いも可能になると予想されています。

これらが実装されることで、ビットコインは支払いとしても再度注目を集めることになる可能性を秘めています。

また、文中にもあるようにマイクロソフトは、ビットコインキャッシュのようなブロック容量を増やした現状は、オンチェーンでの拡張方法は非中央集権の特性を低下させるものであり、Layer2ソシューションが必要であるとしています。

ライトニングネットワーク:注目すべきビットコイントレンドVo.2
ビットコインメインネットで展開する予定のライトニングネットワークについて解説します。ビットコインの問題点の解決策として最も期待されている一つがライトニングネットワークです。
ライトニングネットワークがビットコインの現状を解決するまでの2つの問題点
ライトニングネットワークはビットコインのブロックチェーンから離れた、相互的BTC支払いチャネルの分散したネットワークです。それらはビットコイン取引のチェーンよりもかなり早く安く行われます。<

※追記

元記事の記載を意図的に削除しているのでは、というお問い合わせがあったので回答致します。

今回CoinPostで主に参考にした記事はbitcoinistのWILMA WOO氏、またMicrosoftのALEX SIMONS氏の記事です。

ご指摘いただいた文章は、MSNのInternational Business TimesのLeigh Cuen氏によって寄稿された文章です。(今回の私たちの参考記事とは違う記事です。)

MSNに掲載されているInternational Business TimesのLeigh Cuen氏の記事では、「ライトニングネットワークは現状実験的な技術であり、現状では安全に取引する方法ではない」との指摘もあります。

こういったライトニングネットワークに対する指摘は、過去にCoinPostでも掲載致しました。

ライトニングネットワークがビットコインの現状を解決するまでの2つの問題点
ライトニングネットワークはビットコインのブロックチェーンから離れた、相互的BTC支払いチャネルの分散したネットワークです。それらはビットコイン取引のチェーンよりもかなり早く安く行われます。<

なお今回はbitcoinistの記事を意見の一つとして取り上げさせていただきました。

なるべく公平性を保ったサイト運営のため、今後も様々な方向からの意見を取り上げる方針です。

ビットコインキャッシュニュース一覧
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
14:00
Yuga Labsら、BAYC販売をめぐって訴訟に直面
BAYCなど人気NFTを提供するYuga Labsらが米国で集団訴訟に直面している。訴状は、被告が著名人を使ったプロモーションで不適切な宣伝・販売を行っていたと申し立てている。
12:00
DEA、ゲームギルドのYGG SEAと提携
DEAは8日、世界最大のDAO型ゲーミングギルド「Yield Guild Games(YGG)」のサブDAOである東南アジア拠点のYield Guild Games Southeast Asia(YGG SEA)との提携を発表。GameFiの市場拡大・普及を目的に協業し、マーケティング・プロモーションなどの活動を行う。
11:30
ETH「Shanghai」、イーサリアム売り圧への影響は?
ステーキングされたイーサリアムの出金開始時期の目安が定まり、市場参加者の間では市場価格への売却圧力になるかどうか関心が高まっている。ロックアップされた総量は1,560万ETH(約2.6兆円)だ。
10:44
The Block、CEOがアラメダからの過去の融資を隠蔽
仮想通貨メディアThe BlockがFTXグループから数十億円規模の融資を受けていたことが判明。前CEOは情報開示を行っていなかった責任を取って辞任した。
08:35
Discord、ソラナやBloxlink接続の可能性が浮上
DiscordのユーザーがソラナウォレットやBloxlinkを含む複数のサービスに接続しロールを得る機能が実装される可能性が浮上した。
07:45
ゲームストップ、仮想通貨事業に慎重姿勢
米ゲーム小売大手ゲームストップのCEOは、仮想通貨事業に慎重な姿勢を示した。一方で、長期的にはブロックチェーン技術の可能性を追求し続けると述べている。
07:12
10日朝|米PPI、予想超えも減速傾向
昨夜発表の11月の米生産者物価指数PPIは前月比で予想を若干超えた。FRBの利上げ継続を正当化する内容だが、来週のFOMCで0.5%の利上げ幅は織り込まれているとの指摘もある。
12/09 金曜日
17:43
米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
15:01
Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
12:50
FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 15:00
関東甲信越 神奈川県横浜市神奈川区松本町
重要指標
一覧
新着指標
一覧