米著名投資家ノボグラッツ「ビットコインの時代が訪れた」

政府・中銀の経済支援策がビットコインを魅力的に

2020年以降も、2017年に記録した過去最高値BTC=20,000ドルからは依然遠いBTC価格であるが、著名投資家のNovogratz(ノボグラッツ)は強気姿勢を崩していない。

仮想通貨投資企業Galaxy DigitalのCEOであるMike Novogratzは、ブルームバーグ紙のインタビューで以下のように語った。

未だかつて見たことのない(政府・中銀による)マネタイゼーションを目撃している。長い目で見れば、(金など)の有形資産を魅力的なものにすると考えている。

マネタイゼーション(monetization of debt)とは、政府や中央銀行が、新型コロナを起因とした不況に陥ることを防ぐため、これまでにない規模で経済を支える試みを行っていることを指している。

米連邦準備制度理事会(FRB)は9日、新型コロナウイルスの感染拡大に対し、新たに約250兆円規模の供給を発表するなど、各国は相次いで緊急かつ大規模な経済支援策を打ち出している。

一方で、同氏は株式と信用市場においては、下げを見越したショート(空売り)しているとした。

This is the time for Bitcoin

ビットコインの時が来た、とした理由として、欧米圏でビットコイン投資がより広まっていることを挙げる。

私が(ビットコインに)関わり始めて以来、米国とヨーロッパでのさらなる普及を目の当たりにしている。

また、Novogratz氏はビットコインの芳しくないパフォーマンスについて、「ビットコインはまだ11年しか経っていない実験」とし、その地位を固めようとしている段階にいると反論している。

ビットコインの未熟さを指摘するのは同氏だけではない。

最近公開されたインタビューにて、仮想通貨関連サービスを提供するビットコインスイスの創業者、Niklas Nikolajsenは、ビットコインはまだ10年程度の歴史しかないと指摘した。

参考:Bloomberg


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用