CoinPostで今最も読まれています

日本証券業協会、仮想通貨店頭デリバティブと電子記録移転権利を自主規制から除外する方針

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨デリバティブやセキュリティトークンを除外

日本証券業協会が、「暗号資産及びSTOに関する金商法改正に伴う定款の一部改正(案)」についてパブリックコメントを募集している。郵送またはホームページから4月30日まで受付中だ。

この改正は、暗号資産関連店頭デリバティブ取引と電子記録移転権利等に関する業務については、当協会の自主規制対象に含まないことを明確化するためのものだ。

日本証券業協会は、1973年に設立された業界団体で、有価証券取引を扱う証券会社や金融機関による、国内最大の自主規制機関。

有価証券取引の公正さを守り円滑化すること、証券市場の健全な発展、さらに投資家保護を目的として活動し、証券業者の行為規制を中心とした自主規制ルールの制定や、会員の監査、処分も行っている。

今回、金商法の改正に伴い、仮想通貨も規制対象になる事業があることから、改めて自主規制方針を示した格好だ。

改正のポイント4点

今回の改正は、令和2年7月1日から施行される予定で、主なポイントは4つある。

(1)自主規制の対象となる「特定店頭デリバティブ取引等」の定義を改正し、暗号資産関連店頭デリバティブ取引をそこから除外。

(2) 金融商品仲介業について、 電子記録移転権利等に関わる行為を除外。

(3)日本証券業協会の会員となることができる業者から、暗号資産関連店頭デリバティブ取引または、電子記録移転権利等に関わる業務のみ(及びその両方のみ)を行う者を除く。

(4)特定業務会員の要件である第一種少額電子募集取扱業務は、金商法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項第5号又は第6号に掲げる権利(電子記録移転権利に該当するものに限る。)に関わる業務は対象としない。

関連協会間で、トークン規制を分担か

これらの改正を合わせて読むと、仮想通貨関連デリバティブ取引とセキュリティトークンについては、同協会の自主規制の対象から外すと共に、これらのみを扱う業者については、同協会の会員とはしない方向性となる。

今回の改正は、今後団体の間で規制を定める分担分けがされることを示しているかもしれない。

日本国内には、他の自主規制団体として、仮想通貨交換業の健全な発展やユーザー保護を目的とする「日本仮想通貨交換業協会」がある。また、セキュリティトークンに関するルールを整備する団体に「日本STO協会」も存在している。

今回の自主規制についてコメントを行なった長瀬 威志 弁護士は、今後、厳しい開示要件が課される1項有価証券(株式・社債等)のトークンについては日本証券業協会、2項有価証券のトークンに関しては日本STO協会、仮想通貨デリバティブについては日本仮想通貨交換業協会が担当と、役割が分けられる可能性についても説明を行なった。

尚、今年1月に発表された内閣府令案では、2項有価証券扱いとなるものは、機関投資家や富裕層等にのみ流通可能なトークンという位置付けがなされていた。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/30 木曜日
06:45
米SoFi、仮想通貨取引サービスを停止へ Blockchain.comへ移行
米オンライン融資仲介サービス大手SoFiは29日、仮想通貨取引サービスの閉鎖および移行計画を発表した。Blockchain.comへの移行が必要となる。
06:05
ブラックロックとInvesco、ビットコインETFの上場申請でSECと再び面談
米SECは現物型ビットコインETFの上場申請について、今週28日に申請側のブラックロック(2度目)・Invescoと会議を行ったことが判明した。ゲンスラー委員長は別のイベントでETF申請についてコメントをした。
05:30
米で13番目のビットコインETF上場申請に、スイスPando
スイスの資産管理会社Pando Assetは米国で、現物型仮想通貨ビットコイン(BTC)ETFの上場申請を行っていることが判明。
11/29 水曜日
21:01
IOTA財団がUAEアブダビ当局と提携、エコシステム成長を促進
仮想通貨IOTAの研究・開発を行うIOTA財団は、UAEアブダビで、金融センターADGMと協力し、プロジェクトを成長させていくと発表した。
18:00
預けるだけで仮想通貨が増える?|CoinTradeのステーキングを解説
出典元:CoinTrade 2023年11月、ビットコイン(BTC)が年初来高値を更新したことをうけ、仮想通貨(暗号資産)業界は盛り上がりを見せています。 一方で「仮想通貨には…
16:28
米財務省 仮想通貨業界への調査権限拡大を議会に要請
米財務省がハマス制裁の一環として仮想通貨業界への調査権限を拡大へ。過激派組織のデジタル資産利用に対抗するための新たな法案を議会に要請し、アンチマネーロンダリング規制を強化する動きを加速。テロ資金の流れを追跡し、国際的な安全保障を高める目指す。
15:33
Coinbase顧客にBybit関連の「召喚状」通知、CFTCの動きに焦点
仮想通貨取引所Coinbaseが規制当局の召喚状について顧客に通知。Bybitの利用歴のあるCoinbase顧客に関する情報提供をCFTCが求める。Bybitは米国サービスを否定もVPNアクセスの可能性あり。Bybitは仮想通貨取引量トップ3で2,000万ユーザーを達成。
14:54
「中国の信用拡大はビットコインへの資本流入を促す可能性がある」ヘイズ氏
仮想通貨取引所BitMEXの共同創業者で元CEOのアーサー・ヘイズ氏は、中国における信用拡大が世界市場に波及し、結果的にビットコインなどのリスク資産全般への資本流入を促進するとの見解を披露した。
14:00
SNS連携のWeb3ウォレット「TIPWAVE」公開
NextmergeがX(旧Twitter)やDiscordユーザーに便利なWeb3ウォレット「TIPWAVE」を発表。SNSとの連携で暗号資産(仮想通貨)とNFTの利用が簡単に。ソーシャルメディアアカウントに対するNFT配布も可能になる。
12:40
ビットコイン投資商品9週連続の純流入、21年11月の「強気相場」以来最大規模に
暗号資産(仮想通貨)市場では、CME(米シカゴ・マーカンタイル取引所)の先物OIがバイナンスを上回る規模を拡大。CoinSharesのデータではビットコインETPなどの投資商品に21年11月以来最大の資金流入を観測した。
11:30
Jドーシー氏、ビットコイン採掘分散化推進の「OCEAN」に投資
ムーモリン社のビットコインマイニングプロジェクト「OCEAN」が620万ドル調達。ジャック・ドーシーも支援し、ブロック報酬をマイナーに直接分配する革新的なアプローチを採用。暗号資産(仮想通貨)ビットコインの分散化と発展に寄与。
10:45
香港行政長官、Hounax詐欺事件について発言
香港の行政長官や規制当局責任者は、仮想通貨取引所Hounaxの詐欺事件について発言し今後の姿勢を示した。また香港警察が事件概要を説明している。
09:50
チェーンリンク、ステーキング機能をアップグレード
チェーンリンクは、ステーキングの新バージョンを仮想通貨イーサリアムのメインネットにローンチしたことを発表。特化する目標や移行スケジュールを説明している。
08:30
ドル円一時147.3円 コインベース株大幅高、米FOMC理事ハト派転換か
コインベースやビットコイン採掘関連株などはFOMC理事のハト派的な発言を受けて大幅に上昇した。今夜は米7-9月期四半期実質GDP改定値が発表される。
07:45
アニモカブランズ、TONネットワーク最大のバリデータに
香港のWeb3大手アニモカブランズは28日、TONのエコシステムに投資し、L1ブロックチェーン「TON」の最大のバリデータになったと発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア