中国工商銀行、ブロックチェーン応用でホワイトペーパー公開

中国工商銀行、ブロックチェーン領域でホワイトペーパー公開

中国工商銀行(ICBC)が金融領域におけるブロックチェーン技術の調査報告書(ホワイトペーパー)を公開した。

中国の銀行部門がブロックチェーンのホワイトペーパーを公開するのは初めて。ICBCの金融科学技術研究所とTrusted Blockchain Initiativeが共同で作成した。

※ホワイトぺーパー:仮想通貨でいうプロジェクト詳細ではなく、広く一般的に用いられる報告書のこと。

ICBCはホワイトペーパーを策定するにあたり、国内外のブロックチェーン応用例を調査、主に金融セクターに焦点を当て、現時点で改善できる点とそれに伴うブロックチェーンの応用価値を分析した。

報告内容では、ブロックチェーンの定義や応用事例、今後の見通しなども解説。ブロックチェーンの活用例の中で、金融領域の事例が最も多いと結論づけた。

調査によると、中国国内で登録されるブロックチェーンに関連する事業者の数は420社にも上る。そのうち、金融サービスを提供する企業が72社。120種類の関連サービスが登録されているという。

近年、ICBCは金融領におけるブロックチェーン技術の研究と応用に力を入れている。ブロックチェーンとAI、ビッグデータ、5G、インターネットとの融合も積極的に模索してきた。

すでに、アセット管理、金融サプライチェーン、貿易金融等領域にターゲットを当てた企業向けのブロックチェーンプラットフォームを立ち上げている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します