Bitfinexの弱気クジラ、ツイッターから撤退 ビットコイン予測外れが原因か

Joe007が消えた

Bitfinex上でトップ1を獲得していた大口トレーダーJoe007は7日につき、フォロワーに別れを告げ、ツイッター口座を削除したことがわかった。

Bitfinexのリーダーボードからも名前は消えている。直近では、4月22日の時点で約260万ドルの含み益を持っていたが、ビットコインが9000ドル回復した4月30日では1200万ドル以上の含み損を記録。そして最後にリーダーボードのランキングで確認されたのが、5月7日で82万ドルの含み益に転じた。

出典:Bitfinex

出典:Bitfinex

ツイッターをやめた理由

では、3万人以上のフォロワーを持ったJoe007がなぜツイッターをやめたのか、原因は直近の価格予想外れの可能性と「仮想通貨ツイッター疲労」とみられる。

4月3日(ビットコインが6700ドル)に掲載したコメントでは、「一般的に『ビットコインは死んだ』と多く語られる一般投資家の総悲観に陥ったときこそ、次のビットコイン購入のタイミング」と指摘。そして、ビットコインが7000ドルの4月19日には、Joe007はまだショートポジションを取っていた。当時、ビットコインが上昇方向に切り替え、1万ドル水準まで上昇する必須条件は「出来高によるオーガニック上昇」と語った。

関連Bitfinex1位の現役仮想通貨トレーダーが語る「ビットコイン市場の強気転換ポイント」

現在、Bitfinexから引退したかどうかは不明だが、一部の仮想通貨トレーダーはJoe007が価格ターゲットを間違えたと考えている模様だ。

*Joe007の別れツイート

出典:Twitter

本人の告白によると、「取引は非常に危険で、ハイステークな情報戦争だ、そして戦績が衆目に晒されるため、他トレーダーがカウンタートレードすることもできる」。

さらに、最後となるビットコインの中短期予測も披露した。(ツイッターが削除されたため、海外メディアによる情報を引用する)、7日のビットコイン価格は一時1万ドルを達成したが、Joe007は大幅なプルバックが起きる公算が高いとみた。

最悪な事態(マクロイベント)は果たして終わったのか?仮想通貨市場は冬から春になったのか?強気相場の始まりなのか?

今、おそらくマーケットサイクルの上段フェーズにあるため、取引の知恵では『売り時』かもしれない。

。。。私の仮想通貨ツイッターは時間制限のある『実験』だった。多くの理由で、ツイッター口座を運用することができなくなった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します