CoinPostで今最も読まれています

コロナ後の経済再開期待で金融市場は上昇基調、日経が上昇率トップ・ビットコインも前週比プラスに|各市場の動きと仮想通貨相場ニュース

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週の金融市場の動き

今週の各経済指数、仮想通貨等の動きを見ていく。

コロナ終息との期待感からか、金融市場は全面的に上昇傾向になった。

ビットコインも下落したが、週の後半にかけ持ち直し、100万円を再び突破した。最新のマイニング機器であるビットメイン社のS19も出荷が開始されており、一時は年初来最低値を更新したビットコインのハッシュレートにも注目が集まっている。

重要なニュースをまとめた記事は以下から閲覧できる。

関連:ビットコインなど、今週の重要ニュースまとめ


目次
  1. 各市場の騰落率
  2. 5/25(月)|仮想通貨下落、ハッシュレートも最低値
  3. 5/26(火)| デリバティブで変調、大口がBTC買い集めか
  4. 5/27(水)| 金とビットコインに注目、ETHの活動増
  5. 5/28(木)|ビットコイン上昇、最新S19が出荷
  6. 5/29(金)| ビット100万、アルトバブルは「厳しい」
  7. 5/30(土)|CBカストディがテザー対応、半減期の影響とは

各指標の騰落率一覧

今週の騰落率は以下のようになった。

CoinPostで作成

月初来

CoinPostで作成

年初来

CoinPostで作成

(今週の騰落率は、先週の終値、今週の終値を用いて計算。月初来、年初来についても前の月、年の終値で計算している)

5/29までのビットコインチャート

5/25(月)|仮想通貨下落、ハッシュレートも最低値

ビットコイン採掘でハッシュリボンに「降伏シグナル」、仮想通貨は下落=仮想通貨市況

12日に半減期を迎えたビットコイン(BTC)は、10,000ドル目前まで複数回上昇したものの、21日の高値9,800ドルから転落基調となった。一時8,600ドルを付け、5月の高値より約15%低い位置で推移するなど大幅続落が続いている。(記事はこちら

ビットコイン、ハッシュレートが年初来最低値を更新

ビットコインハッシュレートが92EH/sまで下落。チャート上で94EH/sを下回ったのは、2019年の年末以来初めて。ビットコインネットワークは20日に難易度を6%の易化で調整するも、ビットコインハッシュレートの回復には至っていない。(記事はこちら

バイナンスがETH・XRPオプションを提供開始

取引所大手バイナンスは25日、イーサリアム(ETH)とリップル(XRP)のオプション取引を開始したことを発表した。(記事はこちら

5/26(火)| デリバティブで変調、大口がBTC買い集めか

ビットコイン急落で大手デリバティブ取引所でみられた「変調」、マイナーの売り超過も=

ビットコインは、ここ数日間のパニック売りで大幅に偏っていた需給を改善し、前日比+1.4%の8,880ドルと価格を回復した。背景には、BitMEXやOKExのような大手デリバティブ取引所における「ビットコイン先物」の資金調達率などがある。(記事はこちら

ビットコインの本質的価値は半減期で「2倍に」 JPモルガンがレポート公開

半減期の後に変わったことでまず挙げているのが、ハッシュレートの低下だ。ハッシュレートは昨日、年初来最低値を更新。「blockchain.com」のハッシュレートチャートで92EH/sまで下落した。(記事はこちら

ビットコイン大口投資家が買い集めか、暴落中の5日間で計12000BTCを追加

暗号資産(仮想通貨)のデータ分析サイトSantimentによれば、ビットコインの大口投資家を示す”クジラ”が、再び買い集め時期に入った可能性がある。相場再上昇の機運となり得るか注目される。(記事はこちら

5/27(水)| ビットコインで金、ETHの活動増

不安定な相場が続くビットコイン、ETHのアクティブアドレスはBTCを上回る=仮想通貨市況

26日の反発で一時9,000ドルを回復するもレジスタンスを抜けずに反落したビットコイン。多くのマイナーが苦境に立たされる中、9日後に控える難易度調整が仮想通貨市場のターニングポイントに。(記事はこちら

ビットコイン、9日後の「難易度調整」がターニングポイントに

ビットコインの次回難易度が大幅な易化で調整される可能性が見えてきた。次回難易度調整は9日後、マイナーの経済状況が市場に影響するターニングポイントとなりそうだ。(記事はこちら

ビットコイン建ての金取引が誕生 大手仮想通貨ブローカーが提供へ

スイスの大手ブローカーBitcoin Suisseは、ビットコインとイーサリアムの建ての金、銀、およびプラチナムの取引を開始。24時間/7日で取引できる。(記事はこちら

ビットコインの欠点補う「仮想通貨×ゴールド指数」に新たな可能性

英CoinSharesが、新たに仮想通貨と金(ゴールド)のマーケット価格を組み合わせたインデックスを組成。大手金融メディアのブルームバーグターミナルでも採用されたことがわかった。(記事はこちら

5/28(木)|ビットコイン上昇、最新S19が出荷

ビットコイン高騰で一時100万円台回復、米中摩擦激化で資本逃避需要の論調強まる=仮想通貨市況

仮想通貨市場では93万円まで大幅下落していたビットコインが高騰、一時100万円台を回復した。新型コロナの感染拡大をめぐり米中貿易摩擦が再び燻るなか、世界的な金融緩和や香港情勢などの地政学・政情不安リスクが資本逃避を後押しするとの指摘がある。(記事はこちら

GMOコイン顧客意識調査2020、最も期待される通貨はリップル(XRP)からビットコインに変化

国内取引所GMOコインは、2020年の顧客意識調査結果を公開した。2019年の調査と比較し、仮想通貨の価格上昇期待値や投資関心度などで違いが明確となった。(記事はこちら

ビットコイン採掘の最新マシンS19が出荷 複数要因重なりハッシュレート回復に見通しか

中国採掘大手Bitmain製の最新型マシンS19はすでに出荷が始まっており、中国のマイニング施設(ファーム等)に到着し始めていることがわかった。中国大手メディア「吴说区块链」が報じた。(記事はこちら

「人民元下落とビットコイン上昇」に相関性 仮想通貨が手軽な資産逃避手段に

米中対立の懸念が高まる中、ビットコインと人民元の相関性が話題になっている。ベンチャーキャピタルの投資チームのメンバーが、過去のデータを引用してビットコイン価格上昇の可能性を指摘した。(記事はこちら

ビットコインへの投資「推奨しない」 ゴールドマンサックスが顧客に示す根拠

米大手投資銀行ゴールドマンサックスが顧客を招いた電話会議で、現在の経済状況下で、仮想通貨・ビットコインへの投資は推奨しないとの見解を示した。その根拠を説明している。(記事はこちら

5/29(金)| ビット100万、アルトバブルは「厳しい」

ビットコイン高騰で100万円回復、デリバティブ指標では上昇余地も=仮想通貨市況

仮想通貨市場では急騰するビットコインの影響でイーサリアムなどのアルトコイン市場も全面高に。デリバティブ市場におけるポジション動向や、日本時間30日に控えるCMEの先物限月も高い関心を集める。(記事はこちら

SBIの仮想通貨取引所、初の新規口座キャンペーン 対象者にXRP(リップル)配布へ

取引所「SBI VC Trade」が新規口座開設キャンペーンを開始したことがわかった。SBI VC Tradeが、新規の口座開設を基準としたキャンペーンを行うのは、オープン以来始めてだ。(記事はこちら

仮想通貨市場でアルトバブル再来は「難しい」 Bybit CEOが語る見解

「アルトコインバブルは再び起こることは困難だと考えている」デリバティブ取引所大手BybitのBen Zhou CEOがCoinPostの取材で答えた。ビットコインの優位性が続くとする見通しを示した。(記事はこちら

新たなビットコインヘッジファンドが誕生 香港でクオンツ運用

香港証券先物委員会認可の資産運用企業MaiCapitalが、適合投資家を対象に、新たなアクティブ型のビットコインのヘッジファンドをローンチ。同社の仮想通貨関連のクオンツファンドはこれが2つ目となる。(記事はこちら

改めて考えるビットコインETF承認の重要性 米SECコミッショナー=ブルームバーグ

米証券取引委員会(SEC)のコミッショナーHester Peirceが、ビットコインETFを承認することの波及効果について語った。取引所に上場することのメリットにも言及している。(記事はこちら

5/30(土)|CBカストディがテザー対応、半減期の影響とは

ビットコイン採掘最大手BitmainとF2Pool責任者が語る「半減期の影響と対応策」

ビットコインのマイニング中心地である中国四川省の成都市で、世界最大級のマイニングカンファレンス「採掘フォーラム」が開催中。BitmainやF2Poolの責任者が半減期後の「新時代」について展望を述べた。(記事はこちら

コインベースカストディ、テザー(USDT)に対応 機関投資家からの需要か

コインベースカストディ(CCI)が人気ステーブルコインテザー(USDT)をカストディ対象に追加したことを発表。ERC20版テザーの需要に応じた形となる。(記事はこちら

米コインベースPro、仮想通貨Maker(MKR)を新規上場

米最大手仮想通貨取引所コインベースProが、Maker(MKR)の新規上場を発表した。今月コインベースPro二度目の新規上場発表となる。(記事はこちら

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア