ブロックチェーンプロジェクトAlgorand寄稿:2020年5月マンスリーリポート

Algorand公式寄稿記事

新型コロナによる世界的な混乱が続く中でも、着実に前進しているブロックチェーン業界。米国MIT発のパブリック・ブロックチェーンであるAlgorand(アルゴランド)も前進しています。2020年5月の活動内容を報告いたします。

中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関するウェビナー開催

ブロックチェーン業界で活発に議論されているトピックのひとつ、中央銀行デジタル通貨。中国が国家戦略としてブロックチェーン技術を捉えており、デジタル人民元の発行も近いと言われる中、世界中の中央銀行もCBDC導入を検討しています。

その中でもいち早く動き始めているのが、マーシャル諸島共和国の国家デジタル通貨プロジェクト「SOV(the Marshallese sovereign)」です。その基礎技術にAlgorandが選ばれています。Algorandではその知見を共有すべく、複数回のオンラインイベントを開催しました。

参考:美しい珊瑚礁広がるマーシャル諸島、仮想通貨Algorand利用へ

5月7日に開催された「CBDCと金融インフラの未来」と題したQ&Aセッションでは、CBDCに関わるAlgorandメンバーらの口から、世界初の中央銀行デジタル通貨発行の裏側の一端が明かされました。当日の様子は、動画でご覧いただけます。

Algorand初のInsurTechでのユースケース

今月も、世界中でユースケースが次々と発表されました。その中から1つご紹介します。

Algorandのユースケースとしては初めて、保険業界向けの事例が5月20日に発表されました。米国だけで4兆円を超える市場規模を誇る損害保険業界。同業界の課題がデジタルデータの信憑性です。もしデータが改変されていた場合、正確な保険適用審査が実施できないだけでなく、保険詐欺の温床ともなる懸念がありました。そこでAlgorandのブロックチェーン技術を導入し、デジタルデータに「フィンガープリント(指紋)」を付加しブロックチェーン上に記録することで、データ改変を不可能にしました。このようなブロックチェーンの活用法は様々な業界にも応用可能なため、このAttestiv社の先駆的な試みに注目が集まっています。

 

詳細はこちら

他のユースケースはこちら

日本のオンラインイベントに創設者が登壇

日本のTEAMZ社主催で5月18日に行われたオンラインイベント「Crypto Asia Summit」に、Algorand創設者シルビオ・ミカリが登壇しました。

彼は40分のセミナーの中で、Algorandの基本コンセプト、レイヤー1でのアトミックスワップが可能であることの素晴らしさなどを語りました。日本語字幕つきの動画がありますので、当日の様子はこちらよりご覧いただけます。

開発者向けポータルに新規ツールを追加

Algorandでは開発者向けのコンテンツ配信にも注力しています。その中核となる「開発者向けポータルサイト」には、5月7日にPyTealが追加されました。

PyTealはPython言語を使い、アルゴランドスマートコントラクトを開発するためのツールです。現在は英語のみでの提供ですが、日本での開発者アンバサダーも複数誕生したこともあり、日本語ローカライズも進めていく予定です。また日本語のオリジナル・チュートリアルなども拡充していきます。この活動に参加し、貢献することでリワードを獲得できるだけではなく、Algorand社員エンジニアや世界中のトップ・エンジニアと交流できます。

アルゴランド開発者ポータル

スマートコントラクト・アーキテクチャ解説記事を公開

アルゴランドのスマートコントラクト・アーキテクチャについての記事が、公式ブログに5月27日に公開されました。この記事は、すでに日本語に翻訳されています。

アルゴランドのスマートコントラクトには、ブロックチェーンを詰まらせることなく、非常に多く、かつ複雑なコントラクトも処理できる仕組みが搭載されています。この記事では、イーサリアムのスマートコントラクトとアルゴランドのオフチェーン・コントラクトがどのような点で異なるのか、オフチェーン・コントラクトがどのように実行されるのかが詳述されています。

詳細は、アルゴランド・ジャパンの記事をご覧ください。

アルゴランドのスマートコントラクト・アーキテクチャ by シルビオ・ミカリ

 

今月の報告は以上です。

Algorandでは、日本人アンバサダーの募集も行っています。興味のある方は、以下のAlgorand日本語ページよりお問い合わせください。

アルゴランドジャパン


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用