今後3年間で790億円 カザフスタン、仮想通貨産業に投資誘致へ

カザフスタンが仮想通貨関連産業への投資誘致を計画

中央アジアのカザフスタン共和国で、仮想通貨およびビットコインに関連するマイニング産業に対し、今後3年間で約796億円の投資誘致を目指していることがわかった。現地メディアのアスタナ・タイムズが報じた。

6月11日、カザフスタンのデジタル開発・イノベーション・航空宇宙産業担当大臣であるAskar Zhumagaliyev氏はカザフスタン議会上院本会議で、この計画を明らかにし、今後3年間に3000億テンゲ(796億円相当)の投資が見込まれる、仮想通貨マイニング分野が持つ可能性を強調した。

デジタル技術規制に関する法案

Zhumagaliyev大臣の演説は、ブロックチェーン技術やビッグデータ分析といった、新しいデジタル技術に対する法的枠組みを作ることを目的とした法案が審議されている中、行われたものだ。この法案には、デジタル資産に関する法的規範を定めることも含まれており、デジタル資産は、次の二つのカテゴリーで定義されることになるという。

1. 担保保証付きデジタル資産:商品やサービスの財産権をデジタル形式で証明する資産
2. 無担保デジタル資産:報酬として受領したデジタル資産。実物資産を担保にしていない仮想通貨は含まない。

この法案では、無担保のデジタル資産(仮想通貨)については、発行と流通を明確に禁じているが、マイニング活動は禁止してはいない。

Zhumagaliyev大臣は、アメリカやスウェーデン、韓国の例を引き合いにだし、仮想通貨やマイニング活動は、すでに我々の日常生活の一部になっていると主張。さらに、現在カザフスタンにある14のマイニング専用施設は、活動に不可欠な発電施設近辺に建設されており、すでに820億テンゲ(約217億円)の投資をもたらした実績があると付け加えた。

この法案は上院で可決され、現在、大統領府の承認を待っている状況だという。

躍進するカザフスタンのマイニング産業

今月発表された、ブロックチェーン分析企業TokenInsightのビットコイン・マイニングに関するレポートでは、ハッシュレートシェアが昨年9月から3倍以上増加したカザフスタンの台頭に注目している。

レポートでは、最大勢力である中国の世界シェアが10%以上低下(75.63%>65.08%)したのに対し、2位の米国(7.24%)、3位のロシア(6.9%)に次いで、カザフスタンが1.42%から6.17%へと大きくシェアを伸ばし、4位に付けたと報告した。

カザフスタンは昨年12月、仮想通貨マイニングが非課税となる規制関連法案を国会で審議、大統領府で検討される段階に入っていた。 マイニングは企業活動ではなく、技術的な進展であるとみなされるため、仮想通貨は課税対象ではなく、法定通貨に換金された時点で初めてその対象となるという内容だ。

今回上院を通過したデジタル技術規制法案では、ブロックチェーン技術関連活動の個別の税務処理は規定されていないため、従来の税法で定められた税務ルールが適用されると思われる。

カザフスタンでは、規制の面からもマイニング産業育成を優遇する姿勢が垣間見れる。

なお、今月10日に発表され、日本初の「ビットコイン・マイニングファンド」として注目を集めた、大手マイニング企業Bitfuryによるマイニング事業への投資ファンドだが、その投資対象は同社がカザフスタンで運営する最上位のマイニング・ファームだとのことだ。

出典:The Astana Times


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します