金融庁が仮想通貨資金調達法ICOの規制を検討/2017年実施ICOの状況とは

金融庁がICO規制を検討
2017年のICOに関する注意喚起に続き、投資家の保護を観点に、新資金調達の規制へ踏み切り、関係法令の改正も視野に動く模様です。
2017年のICOは半数が失敗に終わっている?
先日発表されたTokendateの情報を元に作成されたレポートにて、2017年のICOは半数近くが詐欺まがいのものであると報告されました。

金融庁が仮想通貨での資金調達方法ICOの規制を検討していることがわかりました。

ICOはInitial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開)の略で、取引所に上場していない新規の仮想通貨を発行し、販売することで開発費や研究費を調達する、という仕組みです。

株式でいうIPOに似た仕組みを持ちますが、世界的に法規制の枠組みが整備されておらず、特定機関を通さずに世界中から資金調達を行うことができる次世代の資金調達方法として、注目されています。

特に2017年ではICOバブルと言われるほど、ICOが盛んに行われましたが、国によっては法規制が行われていないことや誰でもICOを実施できる環境から、詐欺まがいのプロジェクトや、資金調達後にチームごと音信不通になるなど、問題も続出していました。

2017年のICO失敗率

先日発表されたTokendateの情報を元に作成されたレポートでは、2017年に行われた902のICOの中で、142件が資金調達自体に失敗し、276件が資金調達後に詐欺と判明したものや、消息が断たれるなどしています。

このように、完全に問題とされるICOだけで46%と約半数が該当しますが、このほかにも『準失敗:Semi-failed』に該当するICOも113件あり、これらを含めた場合の2017年のICO失敗率は、902件中531件で実に59%に該当するとされます。

該当するICOの資金調達額は、合計で約250億円(2億3300万USD)になります。

About Half of 2017’s ICOs Have Failed Already

参考記事はこちらから

日本のICOと金融庁について

金融庁は2017年のICOの状況から、昨年の10月27日に公式文書『利用者及び事業者に対する注意喚起』で、ICOに関する注意喚起を呼びかけていました。

ICOにおいて発行されるトークンは資金決済法上の仮想通貨に該当することから、仮想通貨交換登録事業者は、各財務局への登録が必要になるとしています。

また今年に入ってから、金融庁は監視の目を強め、日本での仮想通貨交換業者登録をしない事業者の日本でのICO勧誘に対しても警告を出していましたが、明確なICOに関するガイドラインの制定する法律はなく、継続して日本でもICO勧誘が確認されていました。

このような状況の中、2017年の注意喚起に続き、投資家の保護を観点に、新資金調達の規制へ踏み切り、関係法令の改正も視野に動く模様です。

詳しくは、以下の記事をご確認ください。

仮想通貨の保険はどうなる?ハッキング被害とサイバー保険の現状と今後
コインチェックの大規模ハッキング被害を受け、仮想通貨の不正出金や盗難補償に関する「サイバー保険」など、顧客保護の仕組みについて注目が集まっています。本記事では、国内外のサイバー保険情報をまとめています。
国がみなし事業者にメスを入れる|仮想通貨取引所のセキュリティー徹底比較
金融庁は2月14日、「登録仮想通貨交換事業者」の認可を得ずに営業している「みなし業者」15社に、集中して立ち入り検査を行う方針を固めました。コインチェック事件でハッキングや不正流出被害への関心が強まる中、セキュリティに定評のある「仮想通貨取引所」3選を理由付きで紹介しています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加