米決済大手PayPal、仮想通貨の売買サービスを計画か ユーザー数は3億超

PayPalが仮想通貨売買を開始か

米決済大手PayPalと傘下のP2P決済企業Venmoが、仮想通貨(暗号資産)売買のサービスをユーザーに直接提供する可能性が浮上した。3名の情報筋の話として仮想通貨メディアCoinDeskが報じた。

現在サービスに向けて計画が進んでいる。取り扱い銘柄など詳細は明らかになっていないが、流動性を確保するために、複数の取引所と協業を行なっているという。今後数ヶ月でサービスが開始する可能性があり、実現すれば3億2500万ユーザーに仮想通貨取引を提供することになる

現時点で、PayPalの担当者は「噂や憶測にはコメントできない」と説明している。

PayPalは2014年、ビットコイン(BTC)決済を行えるようにするため、仮想通貨取引所コインベース、仮想通貨決済サービス企業のBitPay、GoCoinとの提携を発表。昨年には、一時的に米フェイスブックが主導するリブラの運営組織への参加を表明していた(その後脱退)。

リブラの運営組織を脱退することを決めた理由についてPayPalのCEOは、「リブラについて学んでいくにつれて、リブラ以外に自社には取り組まなければいけないことがあることに気づいた。自社のロードマップに集中すれば、リブラにリソースを割くよりも早く金融包摂を進められる可能性があると判断した」と述べている。その際、さらに深くブロックチェーンについて学ぶ必要があることに気づいたと語っていた。

関連米PayPal社CEOが語る「仮想通貨リブラプロジェクト脱退の理由」

また最高財務責任者はそれ以前から、PayPalがブロックチェーンや仮想通貨の活用に取り組んでいると語っていたという。

仮想通貨の売買を提供する決済サービス企業は他にも例があり、Twitter社のJack Dorsey氏がCEOを務めるSquare社もその1つ。同社の送金アプリ「Cash App」でBTCの売買を行えるサービスを提供している。今年5月には、2020年第1四半期の決算を発表。CashAppによる売り上げ比率で、他の法定通貨関連サービスをBTCのサービスが上回ったことを報告した。

関連ツイッターCEO運営のCash App、BTCの売上最高額を記録

参考:CoinDesk


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。