日本金融庁、無登録の海外仮想通貨取引所2社に警告

金融庁は26日、無登録で、日本国居住者に対し仮想通貨交換業を行なっていたとして、海外業者「AMANPURI Co.,Ltd」と「Bitforex Limited」に対し警告文を発出した。

金融庁によると、2社はインターネットを通じて、日本居住者を相手方として、仮想通貨交換業を行なっていた。

警告を受けた2社の公式サイトを確認すると、日本語の選択ができる取引所サービスや、レバレッジ取引も最大100倍で提供していることが確認できた。

金融庁は過去にも複数回、海外の無登録事業者に対して警告を発出している。今回は、1月のクロスエクスチェンジ以来、5ヶ月ぶりになる。

金融庁は2018年に以降、コインチェックからの仮想通貨流出を受け、無登録事業者の監視を強化している。当時、金融庁・警察庁・消費者庁が局長級会議を開き、連携強化を確認したことが報じられている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します