Kyber Network、次期アップグレード「Katalyst」は来月7日に実施 ガバナンスを仮想通貨KNC所有者へ

Katalystの日程が決定

分散型の流動性システムを提供するKyber Networkは29日、プロトコルの次期大型アップグレード「Katalyst」を来月7日に実施することを発表した。

ローンチ初期段階ではKyber Networkが中心になってネットワークを管理してきたが、コミュニティプラットフォーム「KyberDAO」をローンチし、分散型のガバナンスを促進する。今後は仮想通貨(暗号資産)Kyber Network(KNC)の7.2万超の所有者がKyberDAOを利用し、ガバナンスを引き継いでいく

Kyber Networkは「Any token Anywhere=あらゆるトークンをどこででも」をテーマに掲げているDeFiのプロジェクト。異なる仮想通貨の交換(スワップ)を可能にする分散型取引所(DEX)を運営している。

今年の4月にはKNCを残高に持つアドレス数やKNCを使用するアドレス数が増加し、DEXの人気が高まっていることが分かった。その際KNCの価格も上昇しており、人気の背景には、Katalystへの期待があるとみられていた。

関連分散型取引所Kyber Networkの利用が増加

Katalystが実施されると、KNC所有者はKyberDAOで自身のトークンをステークし、重要な提案やパラメーターの設定に投票を行うことによって、ガバナンスに参加することができるようになる。それによってイーサリアム(ETH)で報酬を得ることが可能になる

KyberDAOでは7月7日のローンチ直後からKNCのステーキングは開始できるが、実際の投票はその1週間後から開始。報酬の受領はさらにそこから2週間以降となっている。以下の図のように、対象の投票が行われる前の段階(Epoch)でステーキングを行っていないと、投票が行えない仕組みだ。

出典:Kyber Network

またKyberDAOでは、他のKNC所有者の代わりにガバナンスの投票が行えるように、ステーキングプールを運営することが可能。投票は行いたくないが報酬を受け取りたいKNC所有者は、プール運営者に投票を委任することができる。プール運営者は、投票を依頼したKNC所有者に手数料を課すことができる。

KatalystのためにKyber Networkの担当チームは何カ月もリサーチと開発を重ねてきた。上述した以外にもdAppsの開発者が自由に手数料を設定できる等の変更も実施される。今回のアップグレードでKNCの価値が上昇することによって、Kyber Networkの成長につながれば、エコシステムへの分散型の流動性も向上するという長期的な好循環が生まれることが期待されている。

参考資料 : Kyber Network


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用