MoneroからのハードフォークでMoneroV誕生

MoneroVの誕生
ブロック数1529810(3月14日予定)(ブロック1564965・4月30日予定に延期)に行われ、Monero保有者はMoneroウォレットに入れておけば、1 XMR=10 XMVがエアードロップされます。

仮想通貨のハードフォークは今では普通に行われているものですが、ビットコインは過去1年間にかなり多くのフォークを行いました。

ちょうど先月、ライトコインは多数の論争の中でライトコインキャッシュが誕生し、そのほとんどはオリジナルの開発者から出来ています。

フォークは通常、分裂後に起こる価格上昇を狙って探している人や、無料配布のエアードロップを探している人がいるなど買いが入りやすい傾向があります。

次に話題となるハードフォークはモネロです。

モネロのXMRコインは、匿名性を持っているためハッカーなどが使用する通貨として知られています。

仮想通貨マイニングマルウェアに関するニュースなどの話はほとんどモネロに関わっており、依然として悪用を働くには最高の仮想通貨です。

これは逆を言えば、匿名性があり追跡不可能なデジタル資産として成功させた証でもあります。

2月には価格を20%上昇させた、ポテンシャルが高いアルトコインの1つです。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

MoneroVのエアードロップ

ハードフォークがブロック数1529810(3月14日予定)(ブロック1564965・4月30日予定に延期)に近づくにつれて、価格は上向きに推移する可能性が高いでしょう。

Monero保有者はMoneroウォレットに入れておけば、1 XMR=10 XMVがエアードロップされます

ただ、ライトコインキャッシュのように取引所が今回のフォークをサポートする可能性は低いと思われます。

また、ライトコインキャッシュと同様に、秘密鍵をウォレットに入力することで、取り出すことも可能となっています。

MoneroVについては、公式サイト上で以下のように述べられていました。

「Moneroは発行上限が無限ですが、MoneroVや他の仮想通貨が直面しているスケーリング問題を解決するための新プロトコルを実装するために発行上限を設定しました。」

フォークには2億5600万XMVと1億5800万ドルの供給権があり、価格は上昇すると予想されています。

ただ、MoneroVはすでに主流になっているDash,Zcash,Pivx,KomodoやVergeを含むより不安定な匿名通貨市場に参入しようとしています。

マイニング集中化の脅威

現在のMoneroの懸念点は、PoWを使ったマイニングの集中化の可能性です。

十分な大きさのネットワーク内で十分なハッシュパワーがあれば、理論的にはネットワーク全体を制御することが可能です。

ある特定の場所や種類のハードウェアでマイニングすることで、集中化を図ることも可能なのです。

そのため報告によると、今回のハードフォークはMoneroのCryptoNightアルゴリズムを変更して、ASICハードウェアによってマイニングされすぎを防ぐ役割があります。

その理由は、ASICマイナーが多すぎると、ネットワークの集中化の問題が起きるからです。

Moneroチームは、先月のブログ記事内でマイニングの集中化の脅威を説明していて、フォークしたバージョンのMonero keyの再利用に対して警告を促しました。

Monero to Hard Fork with MoneroV Coming in Mid-March

MAR 1,2018,MARTIN J.YOUNG

参考記事はこちらから
モネロニュース一覧

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用