エクスペディア掲載のホテル、再び仮想通貨決済に対応

エクスペディア掲載のホテル、再び仮想通貨決済に対応

世界大手旅行予約サイトのエクスペディアに掲載されるホテルが、仮想通貨決済を利用した予約サービスに対応した。

バイナンスが出資するTravala.comがエクスペディア・パートナー・ソリューションズ(EPS)との提携を発表。RapidAPIを通じて、掲載される70万店舗に仮想通貨決済を選択肢として対応したことを発表した。

リリースで、エクスペディアの上席役員は、世界で支払いの選択肢は日々進化していることは認識しているとして、今回の提携が決済規模の拡大に役立つとコメントした。

過去には、ビットコイン決済を自社導入

エクスペディアは2014年、自社でビットコイン決済を導入した企業でもあったが、以下のような理由で2019年に廃止を決定している。

  1. 安定性に欠ける仮想通貨
  2. 進まない商用導入
  3. 法定通貨への換金

今回の提携に至った背景には、コロナ危機による世界情勢の変化もあるという。

Travela

宿泊料金を仮想通貨で決済できることを目指す旅行プラットフォームのTravelaは、大手Booking.comとも提携している企業だ。

大手予約サイトのホテルなどに対応することで、仮想通貨の決済シーンを拡大してきた。

エクスペディアが述べるように、Travelaの需要も、6月に入り急拡大している。同社を通じたホテル予約の収益は前月比で170%増、宿泊予約は81%増だった。

独自トークン「AVA」を利用した支払いも、このうち13%も占めていたとしており、国際的に利用する旅行予約サイトで、仮想通貨の決済利用や還元キャンペーンを受ける需要が拡大していることがデータからも示された格好だ。

Travala

Travalaの仮想通貨決済では、20銘柄以上の主要な仮想通貨が対応している。

代表的なものはビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ダッシュ(DASH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、イオス(EOS)、ステラ(XLM)、カルダノ(ADA)、バイナンスコイン(BNB)、モネロ(XMR)、トロン(TRX)、リップル(XRP)、ダイ(DAI)などがある。

利用が拡大していることが報告されたAVAトークンの支払いでは、旅行代金の割引やロイヤルティ(特典)を受けることができる。

世界最大の旅行会社「エクスペディア」 ビットコイン決済廃止で仮想通貨業界に残した教訓とは
エクスペディアは2014年に、ビットコイン決済を導入し、仮想通貨のユースケースを大々的に世に示すも、2018年の夏にビットコイン決済の受け入れを終了している。これら一連の事象は、我々にどのような教訓を与えるのだろうか?


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用