仮想通貨決済をメインストリームへ バイナンス、Swipeを買収

Swipeの買収を完了

大手仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは7日、仮想通貨の売買や決済のサービスを提供するSwipeの買収が完了したことを発表した。

バイナンスはSwipeの買収を経て、共に法定通貨とデジタル資産の橋渡しを行い、仮想通貨をメインストリームで普及させることを目指す。従来の金融システムを通して、仮想通貨が日常的に決済利用される仕組み化を図る

ロンドンを拠点にするSwipeは、Visaのデビッドカードも提供している企業。先月末には買収が最終調整の段階に入ったことが報じられていた。

関連バイナンスのVISAカード発行直近か 仮想通貨決済企業と最終調整

バイナンスのCEO CZはSwipeの買収について、取引所として決済の仲介に入ることによって、小売店は仮想通貨を受け付けたケースでもシームレスに法定通貨を受け取れる仕組みを整え、ユーザーと小売店がより仮想通貨決済の利便性を享受できる環境整備を行うとコメント。

一般の多くの人々にとって仮想通貨を利用しやすくするというバイナンスのミッションを達成するために、仮想通貨を法定通貨に容易に替えられるようにすることも重要な要素だと強調した。

特にSwipeのウォレットは、デジタルの銀行口座のような役割を果たすとして、従来の銀行のサービスを利用できることが仮想通貨決済促進を後押しすると見ている。

両社の独自仮想通貨について

今回の買収で、バイナンスはSwipeの独自仮想通貨SXPを上場。ビットコイン(BTC)とバイナンスコイン(BNB)、米ドルと1:1でペッグしたステーブルコイン「バイナンスUSD(BUSD)」との3ペアの取引の提供を開始した。

バイナンスが買収で得たSXPは、大部分を数年間使わずにロックアップする方針を示している。

また、SwipeのサービスでもBNBを取り扱う。ユーザーの銀行口座を利用したBNBの売買、SwipeのVisaデビットカードでBNBを使うことが可能になった。

Swipeのカードは現在欧州経済領域の31カ国で利用ができる。今後はアジアや北米でのローンチも予定する。

バイナンスの買収戦略

バイナンスはインドの仮想通貨取引所WazirXなど、今までも企業の買収を行っている。CZは2019年の実績として、9社の買収を行ったことを明かした。

関連バイナンスCZ氏「2020年は仮想通貨を世界に普及させる」

公表されている中では、Swipeの買収は今年2社目。4月に大手ベンチマークサイト提供企業CoinMarketCap(CMC)を買収したことを発表している。

関連バイナンス、CoinMarketCapの買収を公式発表


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。