マネックス証券、仮想通貨取引専用iOSアプリをリリース

マネックス証券、仮想通貨取引専用iOSアプリをリリース

マネックス証券は17日、先週発表した暗号資産(仮想通貨)レバレッジ取引に対応する専用アプリ『MONEX TRADER CRYPTO』のiOSアプリをリリースした。

マネックス証券が提供する暗号資産レバレッジ取引は、同アプリからのみ取引が可能で、利用ユーザーはアプリをダウンロードする必要がある。iOSアプリのリリースが行われたことで、取引対象者がAppleユーザーにも拡大した。

提供する取引は、「ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP) 表記、順は公式サイト参照」の差金決済取引(CFD)で、最大倍率は2倍。原則24時間365日取引が提供される。

税金は、これまでと同様に総合課税(雑所得)の対象。給与所得や株式の譲渡所得と損益通算することや、申告分離課税の対象となるFXや先物取引等の雑所得と暗号資産CFDの取引損益と通算することはできない。(参照:暗号資産CFDに係る税金について:マネックス証券

アプリは、以下のリンクからダウンロードが可能。

アンドロイド:Google Play Store

iOS:Apple Store


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用