ソーシャルトレーディングのeToro、英国でデビットカード発売へ

eToroが英国でデビットカード発売

世界最大級のソーシャルトレーディングプラットフォーム「eToro(イートロ)」が英国でデビットカードを発売することが分かった。

eToroは英国の電子マネー事業者Marq Millions Ltdを買収しており、同社は今後「eToro Money」として、eToroのデビットカードを発行することになる。

カードは最初、英国のeToro Club会員、次いで欧州のClub会員を対象とし、その後eToroのユーザー以外にも拡大される予定だ。

今回の買収について、eToroの共同創業者・CEOのYoni Assiaは次のように述べた。

デビットカードの発売は、eToroがユーザーに提供するサービスの幅を広げる上で、自然なステップだ。カードは、即座のキャッシュアウト(現金引出し)とキャッシュイン(現金入金)の機能を提供し、ユーザー体験を大幅に向上させる。私たちは、このカードが最初は主に私たちの顧客ベースから利用されることを期待している。

デビットカードはまず英国で、その後他の市場でも発売される予定。

eToro Moneyは、VISAとのプリンシパル・メンバーシップを有しており、すでに英国の金融行為監督機構(FCA)からEMI(電子マネーライセンス)の許可を得ているため、FCAの承認が得られ次第、カード事業を開始する可能性が高い。

ライバル企業より先に英国進出

eToroは、ライバル企業である米国Robinhoodに先駆けて英国進出したことになる。

Robinhoodは有価証券の取引や仮想通貨サービスを提供する投資アプリで、評価額は2019年7月の76億ドルから2020年5月には83億ドルにまで上昇。昨年、FCAから英国でのブローカーライセンスを取得していたが、現在英国進出は無期限に延期されている状況だ。

またeToroのライバルには、株式取引アプリFreetradeや、送金や決済口座を提供するRevolutのような他のフィンテック分野の企業なども挙げられる。

競争が高まる業界では、ユーザー体験の向上も重視されており、投資収益の再投資や引き出しをより簡単にできるデビットカードは、その方向への前進となりそうだ。

手数料無料で顧客獲得

eToroは2006年に設立されて以来、欧州、オーストラリア、南アフリカ、米国に進出。登録ユーザー数は1400万人を超えている。昨年5月に手数料無料の銘柄を設定して以来、英国では25万人以上の新規登録者(世界では300万人以上)を記録した。

また、ユーザーがプラットフォームでトップパフォーマンスを上げているトレーダーの売買をコピーして投資することが出来る「コピートレーダーズ」という独自機能も備えている。

昨年4月にはトークンベースの取引所「eToroX」を開設、仮想通貨とステーブルコインの取扱いを開始した。トークンの発行も行っており、法定通貨と関連付いたステーブルコイン、「USDEX」(米ドル)や「EURX」(ユーロ)、「JPYX」(日本円)なども取引されている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用