CoinPostで今最も読まれています

北米と東アジアで仮想通貨投資動向に差異、銘柄比率や取引頻度を比較=レポート

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

北米と東アジアで投資家動向に差異

ブロックチェーン分析企業Chainalysisが北米の仮想通貨市場についてレポートを発表。日本や中国、韓国を含む東アジア市場との違いが見られることが分かった。

北米ではよりビットコイン(BTC)が好まれ、仮想通貨を購入後ホルドする比率が高いという。

ビットコイン比率が高い北米

出典:Chainalysis

ビットコインは、すべての地域で最も人気のある仮想通貨であるが、北米ではすべての銘柄の出来高の72%を占めていた。この比率は、アジア地域、アフリカ、ヨーロッパなど他の地域と比べても一番高い結果だ。東アジアでのビットコイン比率は51%と、全体の約半分にとどまっていた。

またアルトコインについて北米では仮想通貨アクティビティ全体の17%を占めていたが、東アジアでは約2倍の33%だ。

どの地域でも、ビットコインに次いでシェアを獲得しているのは、アルトコインではなくむしろステーブルコインだ。東アジアでは33%と多く、北米では17%の比率となった。

この背景としては近年、テザー(USDT)など米ドル建てのステーブルコインが躍進していることが考えられる。今年6月29日には、USDTの時価総額が100億ドル(約1兆円)を突破。ビットコイン、イーサリアム、XRPに次いで、100億ドルの時価総額を持つ仮想通貨となった。

また中国でビットコインの取引を非公式に行う際のOTC取引でUSDTの需要が高まっているといったレポートもある。

関連:仮想通貨・ビットコインの「謎」 USDT発行増加の背景に迫る=Sino Capital

東アジアで取引回数が多い

また、東アジアの投資家は、北米・欧州に拠点を置く投資家よりも高い頻度で取引する傾向があることが示された。次の図は、主に欧州と北米のユーザーを抱える6つの仮想通貨取引所の取引頻度を、東アジアのユーザーが主に使う6つの取引所と比較したものだ。

取引頻度は、取引所に預けられたすべてのビットコインについて、スポット取引された回数を測定している。

出典:Chainalysis

東アジアに拠点を置く取引所は、多くの月で北米の取引所の2倍近くの取引頻度を見せている。

これは北米や欧州の仮想通貨ユーザーが、東アジアのユーザーほど頻繁に取引はせず、購入した後はそのまま保有しておく傾向が高い可能性を示すものだという。

地域ごとに分類されたアドレスの仮想通貨残高に関するデータを参照すると、北米のアドレスは、2020年6月時点で現在取引所などによってホストされているアドレスに保管されている仮想通貨の29%を保持しており、一方、東アジアのアドレスの16%は比率に留まっている。

一方で、取引アクティビティの比率は東アジアが31%で、北米のアドレスは約15%と逆転している。

このことから、Chainalysisは北米の投資家が、東アジアの投資家よりも、仮想通貨を動かさず保有する傾向がさらに強く示唆されると分析した。

また、北米では仮想通貨送金の約90%は、1万ドル(約100万円)を超えており機関投資家や大口投資家などプロフェッショナルによるものと分類されるという。

過去2年間で、機関投資家層の増加が観察されていることもレポートは報告した。

関連:仮想通貨投資信託の資金流入額、過去最高に 機関投資家比率は90%=Grayscale Q1レポート

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/01 木曜日
16:51
フレア(FLR)、年明けにトークン配布イベントへ
20年12月12日時点の仮想通貨XRP(リップル)の保有者に対して配布予定の「フレア:旧スパーク(FLR)」について、トークン付与(エアドロップ)の実施予定日と対応取引所リストが発表された。
16:32
JCBIら、自己主権型IDの共同研究を開始
一般社団法人ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ(JCBI)は、自己主権型アイデンティティ(SSI)の社会実装をテーマとした共同研究を開始することを発表した。
14:00
Discord、ユーザーの収益化機能提供を示唆
コミュケーションアプリのDiscordは公式ツイッターで、ユーザー向けに収益化(マネタイズ)機能を提供することを示唆する内容のコメントを投稿した。
12:43
米コインベースが「バグ報奨金制度」を再考せざるを得ない理由
米大手仮想通貨取引所コインベースは、システムの脆弱性を発見・報告する「バグバウンティプログラム(報奨金制度)」の方針を再考すると発表した。背景に法的リスクの問題点が浮上している。
12:31
「仮想通貨技術の将来性は評価」ブラックロックCEOがFTX騒動に言及
破綻した仮想通貨取引所FTXに出資していた米投資大手ブラックロックCEOが直近の情勢についてコメント。FTXの状況を静観すべきと呼びかけつつ、仮想通貨自体は「非常に重要」と評価した。
12:04
米株指数リスクオン、MONAやXYMは思惑先行の急騰
パウエル講演のFOMC利上げ減速示唆により米株指数が大幅上昇。暗号資産(仮想通貨)市場ではバイナンスの日本進出発表を受け、モナコイン(MONA)やシンボル(XYM)が思惑先行の急騰を見せた。
12:00
NEAR財団、南米の加工食品会社と提携
仮想通貨NEARプロトコルを支援するNEAR財団は、南米の大手加工食品会社Grupo Nutresaのポイントプログラムを支援する計画を発表した。その他にも様々な組織と提携を進めている。
11:35
OpenSea、22年のロイヤリティ総額が10億ドル越え
NFT電子市場大手OpenSeaは、同サービスを利用するNFTクリエイターが獲得している手数料(ロイヤリティ)の総額が、22年に10億ドルを突破したことを発表した。
10:05
アニモカ、2,000億円規模のメタバースファンドを計画
Web3大手企業アニモカブランズは、メタバース企業に投資する最大約2,750億円のファンドを計画している。同社は仮想通貨市場が低迷する中、活発に資金調達を行っているところだ。
09:45
「エクシア・デジタル・アセット」に行政処分
関東財務局は、仮想通貨交換業を営むエクシア・デジタル・アセット(旧LastRoots)に対し、行政処分を行なった。交換業を適正かつ確実に遂行する体制の整備が行われていないとし、処分の内容や理由を説明している。
08:15
通信アプリ「テレグラム」、独自のDEXを開発へ
プライバシートークアプリ「テレグラム」のCEOは1日、テレグラムが分散型取引所および自己管理型ウォレットを開発する計画を明かした。
08:00
アート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM」共同創業者インタビュー
6ヶ月で30倍に高騰したアートNFTを輩出するなど注目を集めるアート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM(ストレイム)」。今後の注目セールや展望について、共同創業者にインタビューを実施した。
07:45
Uniswap、NFTアグリゲーターをローンチ
Uniswap Labsは11月30日に、Uniswap独自のNFTアグリゲーターマーケットプレイスをローンチした。
07:15
リップル社、仮想通貨マーケットメイカーに出資
米リップル社は、仮想通貨のマーケットメイカーKeyrockに出資。同社は今回のシリーズBのラウンドで約99億円を調達しており、今後は欧州や米国、シンガポールで事業拡大を目指す。
06:55
1日朝|NYダウ・仮想通貨市場全面高
今日のニューヨークダウ平均や金先物価格はパウエル米FRB議長のハト派的な発言などを受け上昇。ビットコインや仮想通貨関連株も全面高。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧