イーサリアム・ネム(XEM)が年初来高値更新、好材料を背景に買い意欲旺盛

ETH・XEMが年初来高値更新

1日の仮想通貨市場で、イーサリアム(ETH)とネム(XEM)が年初来高値を更新した。

8月も好調推移となった2銘柄は、月足陽線引けとなり、9月も強気相場が継続。

前者はDeFiバブルで活況なイーサリアムネットワークの状況とPoSへの最重要アップデート「ETH2.0」、後者は次世代ブロックチェーンのシンボルを控えており、引き続き買い意欲が継続する市場環境となっている。

関連:イーサリアム財団、ETH2.0の特設ページ開設 最新進捗の公式配信も

イーサリアムは一時、前日比10%高の4万9000円を突破。米ドル建てで18年1月(バブル期)以来の時価総額500億ドルに達した。

ネムは一時前日比20%高の17.7円を記録。CMC時価総額ランキング18位まで順位を続伸させた。

高騰要因

イーサリアムネットワークのガス代が高騰するなど、ネットワーク需要もデータで示される一方で、出来高が増加傾向にある分散型取引所など、DeFi銘柄との取引も盛んなETHの買い需要が増加。バブルさながらの急騰銘柄が見られるDeFi銘柄の資金の資金利確先になる点も、その一因にある。

また、アルト市場の活況な状況を受けリスクオン市場にある仮想通貨マーケットでは、今後の予定を個別に材料視する見方も広がっている。

特に、ETH2.0での投資家によるステーキング需要に備え、一定数のイーサリアムを確保するポイントや、シンボルの新通貨など、トークン付与を目的として保有するケースが伴う、中長期目線で市場の供給量が限定化する内容が、より材料視される傾向が見られている。

その点で見れば、本日ロックアップ期間が明示されたFlare Networksを受け、価格が高騰したXRP(リップル)もその一例と言えよう。

XRP保有者向けトークン付与、12月に保有量の確定予定─Flare Networks
仮想通貨XRP(リップル)の保有者に対してエアドロップ(通貨付与)が予定されるFlare Networksは1日、保有者に対し通貨付与の数量を決定するスナップショットの日時を2020年12月12日に予定することを発表した。

DeFi銘柄の騰落率

なお、Ceteris Paribusが公表したDeFi銘柄のパフォーマンス推移(時価総額順)によると、ChainLinkが5月から4.3倍。UMAが19.1倍。yearn.financeが8.3倍(1ヶ月)と、高い高騰率を記録している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します