LINE、トークンエコノミーを開始

最大手コミュニケーションサービスLINEは、ユーザーのサービスへの貢献に応じて、LINKに転換可能な「LINKリワード」を付与する 『LINK Rewards Program』が始まったことを発表した。

まずは、LINEの金融サービスから、LINEトークンエコノミーの拡大を目指す。

LINK Rewards Programは、サービスに貢献した利用者に、LINKに転換できるLINKリワードを付与する様々なサービスを紹介する「LINE Blockchain」のサービスだ。

仮想通貨LINKとは

LINKとは、LINEのグループ会社であるLINE TECH PLUS PTE.LTD.が発行するLINE独自の暗号資産。LINKは、LINE Blockchainの基本となる暗号資産であり、サービス成長に貢献したユーザーへインセンティブとして還元する目的で誕生した。

暗号資産(仮想通貨)取引サービスBITMAXは8月6日、LINEの暗号資産「LINK(LN)」が上場したことを発表している。

この暗号資産「LINK(リンク)」を利用したLINEトークンエコノミーは、LINEが独自に開発したブロックチェーン「LINE Blockchain(旧LINK Chain)」をベースに、参加するユーザーやサービスが、共に成長していくトークンエコノミー=「ユーザーとともに成長ができる共創関係・共創経済」構想のこと。

LINEトークンエコノミー

ブロックチェーンを活用し、サービスに貢献したユーザーが適切なインセンティブを受けることができるエコシステムであり、その中をLINE独自の暗号資産LINKが循環することで、サービスとユーザーがwin-winの関係になるLINEの経済圏を指している。

LINKリワードの獲得方法

LINEの各サービスの条件を達成すると、BITMAX Walletへ「LINKリワード」が付与される。その後、BITMAX WalletでLINKの受取申請を行うと、BITMAXにLINKが入庫される。

LINEサービスの条件

LINKリワードは、LINK Rewards Programに参加しているサービス会社が、各サービスへ貢献行為を行った利用者に対して付与するトークン。LINKリワードが付与されると、BITMAX WalletでLINKの受取申請が可能となり、BITMAX Wallet上では受取可能LINKとして表示される。

BITMAX Walletで受領の確認ができたら、LINKリワードを仮想通貨「LINK」に転換することが可能になる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します