分散型ネットワークのオントロジー、自動車大手ダイムラーと提携 デジタルドライブサービス提供へ

オントロジーがダイムラーと提携

分散型サービスを通じて信頼性の高いネットワーク構築を目指す暗号資産(仮想通貨)オントロジー(ONT)が、ドイツ自動車大手のダイムラー(Daimler Mobility AG)と提携したことを発表した。ブロックチェーン技術を導入することで、ドライバーが安全性の高いデジタルドライブサービスを体験できるようにすることを目的としている。

プレスリリースの中で、ダイムラー傘下のブロックチェーンプロジェクト「Daimler Mobility AG Blockchain Factory」がオントロジーと提携し、初コラボとなるモビリティソリューション「Welcome Home」を明かした。

「Welcome Home」とは、「自己主権型に準じる車内の個人化およびマネージメントソリューション」で、ダイムラーとオントロジーが共同で構築した業界初の自動車モビリティブロックチェーンプラットフォーム「MoveX」上の初のプロダクトだ。

MoveXはオントロジーの分散型IDフレームワーク「ONT ID」を利用する。利用者のデータのローミングやシェアリングを強化し、自動車の各サービスプロバイダーのサービス統合を促進する。

関連仮想通貨オントロジー、分散型IDを自動車産業へ

「Welcome Home」は自動車の個人体験とデータプライバシー・コントロールのトレードオフを解決し、スマート端末でも利用できるという。

「Daimler Mobility AG Blockchain Factory」の責任者Harry Behrensはこのように提携についてコメントした。

Welcome Homeがモビリティとソーシャルネットワーキングを組み合わせる。

オントロジーの「ONT ID」を利用し、データの自己主権およびプライバシーにユーザビリティを統合している。

オントロジーの共同創設者Andy Jiは提携についてこのようにコメントした。

ダイムラーがオントロジーと提携することで、イノベーションへのコミットメントを証明した。

我々の非中央集権的ソリューションは、セキュリティ、認証技術、および信頼されるデータマネージメントをドライバーにだけでなく、車のエコシステム全体にも適用する。

参考:ontologynetwork


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します